上流工程を担う技術者育成を通じて自社手法の向上を図る

電気自動車やハイブリッド車の普及によってパワートレインの電動化が急速に進み、自動運転やコネクティッドカーなどの次世代技術の開発競争も激化する中、自動車部品メーカーも完成車メーカーに部品を納入するだけではなく、エンジン開発などの上流工程までカバーすることが要求されるようになっています。
この潮流に対応するため、四輪車や二輪車の燃料供給システムやハイブリッドシステムをはじめとした電子制御製品など先進環境製品を開発・製造するメーカーとして知られる株式会社ケーヒンは、テクノプロ・デザイン社のアライアンスパートナーである株式会社O2のグループ企業、株式会社XrossVateが提供する、構想から試作・量産まですべてを手掛けるエンジニアを育成するための実践型研修『ゼロから設計マン』を導入して着実に成果を挙げています。
同社の電子技術統括部 制御・ソフトウェア開発部 第四課の竹原 昭徳技師に、『ゼロから設計マン』導入に至った経緯などをお尋ねしました。

―― 御社が『ゼロから設計マン』を導入するに至った背景について教えていただけますか。

竹原氏 導入にはいくつかの背景がありますが、自動車業界全体における設計開発環境の変化が大きな理由のひとつです。昨今の自動運転や電動化、コネクテッドなど、『CASE』と呼ばれる新たな技術領域に対応するため、これまで専門としてこなかった新しい技術領域に挑戦しなければいけない時代を迎えました。そして、担当設計領域という面でも完成車メーカーと私たち部品メーカーとの役割分担にも変化が生じており、「部品単体での納品」から「システムとして統合制御された部品群」を納品するという形が多くなっています。


株式会社ケーヒン 開発本部 電子技術統括部 制御・ソフトウエア開発部 技師 竹原 昭徳氏

竹原氏 部品メーカーの設計領域が上流に広がったことで新規設計や要件定義を行う必要に迫られる訳ですが、主に部品単体の設計を長年続けてきたエンジニアが上流工程を担当することになれば考え方の面で課題を抱えてしまうのは当然のことで、社内でも対策を検討する必要に迫られていました。要件定義などの上流工程を担当できる技術者の育成はこれからさらに不可欠になっていくと思いますが、これは自動車業界全体の変化の中で顕在化した課題と言ってもいいかもしれませんね。


ケーヒンが手掛ける製品のモックアップ

竹原氏 ケーヒンの教育体制は充実していると思っていますが、ビジネススキルやマネジメントといった分野の教育が多く、正直に申し上げると技術面についてはOJTが主体となっています。

そのOJTも、新規設計や要件定義ができるエンジニアを育てるためのものという訳ではありません。自動車は一度フルモデルチェンジが行われると、以降はマイナーチェンジや多くの派生モデルを設計していきます。これを流用設計と呼んでいますが、この業務を経験することによってベース機種を参照しながらモジュール設計ができる設計者を育てることはできるものの、構想段階からの設計などを行えるようになるためには違った種類の知識や経験が必要です。

また、ケーヒン社内で行われている設計開発手法と、社外でスタンダードな手法とを比較検討する機会がありませんでしたので、その点も踏まえて研修体系の見直しをする必要性も感じていました。

そういった観点でかねてより技術者育成に対して課題感を持っていた所に、テクノプロ・デザイン社さんからアライアンスパートナーであるO2グループが提供する研修『ゼロから設計マン』の提案をいただき、当社のニーズにぴったりマッチすると感じて導入を決定しました。

―― 実際に研修を利用されてどのような感想をお持ちになりましたか。

竹原氏 先般、当社で2回目となる『ゼロから設計マン』研修を実施しましたが、参加したメンバーからは「間違えて覚えていた要求分析手法が修正できた」「研修で得た知識を実務に活かしていきたい」といった前向きな感想が多く聞かれますので、実施して本当に良かったと思っています。

とはいえ研修で得たことを実務に取り入れようと思っても、既存の業務もありますから即導入することはできませんし、それなりにハードルがあることは理解しています。何よりも新たな手法の導入に対して上司の理解が得るプロセスが欠かせませんので、全10回の研修の最後の回には課長職にも参加してもらい、新たな考え方や社外で広く使われている手法の導入をサポートしてもらうようにしています。今後、既存の自社流と社外のスタンダードな手法がうまく融合して、新たな『ケーヒン流』の設計開発手法に結実すれば嬉しいですね。

『ゼロから設計マン』の活用については役員層にも私から報告し、開発全体の取り組みとして社内で役立てています。時代に合った新しい風を吹き込んでいただいたテクノプロ・デザイン社さんには感謝しています。

『ゼロから設計マン』受講者の声

『ゼロから設計マン』を実際に研修を受講された、開発本部の渡部 芳彦さんと一之瀬 彬さんにお話を伺うため、後日同社の栃木開発センターを訪問しました。入社年度も担当業務も違うお2人でしたが、口を揃えて研修は楽しく実践的な内容であったと話してくださいました。


株式会社ケーヒン 制御・ソフトウェア開発部 第三部 渡部 芳彦さん(2009年入社)

渡部さん これまでは与えられた仕様に基づいて設計をすることが多かったのですが、今ケーヒンで求められているのは要件定義ができる能力です。ゼロから設計ができる能力はまさに必要とされるスキルですので、研修受講の話を聞いた時からポジティブな気持ちを持つことができました。

講師の方が実務経験のある方だったのでアドバイスや質問に対する解答も明確でしたし、ここまで実践的、実用的な研修を受けられることはなかなかないのでは、と感じました。受講生の発言や質問に対してもポジティブに対応してくださったので、研修そのものの雰囲気もすごく良かったです。

今、業界やお客様のニーズは大きく変化しています。今回の研修で得た知識やグループワークで得たスキルは必ず業務に活かされると感じていますので、今から楽しみです。


株式会社ケーヒン BMS開発部 第三部 一之瀬 彬さん(2015年入社)

一之瀬さん 私も渡部さんと同じように、この研修はまさに「タイムリー」だという気持ちで、大歓迎でした。私が現在担当している仕事はお客様の要求をハードやソフトに落とし込む仕事なので、研修内容と実務とが一致していたのでなおさらです。

これまでは経験則で設計を行っていた面もあったと思いますが、研修を通してお客様の要求の本質を考えるスタンダートな手法を知ることができましたし、上流設計の『公式』を学習したことで設計に関する『基準』を持つことができたことは私にとって、とても大きなことでした。

グループワークによる実践を通して社外で使われているスタンダートを知ったことで、現在行っている業務の持つ意味や、なぜ必要なのかといった理由なども明確に理解できるようになったと感じています。その結果、点として行っていた各作業を線や面として捉えることができるようになり、これまで不足していた業務、あるいは考え方などについても整理できました。

私は現在、開発のフローを積み上げる仕事を行っています。今回の研修内容を職場のチームのみんなに伝えて採り入れていきたいですね。

企業プロフィール

社名 株式会社ケーヒン
設立 1956年12月19日
売上収益 3,492億20百万円(2019年3月期連結)
従業員 22,624名(2019年3月31日現在連結)
国内拠点 生産拠点3、開発拠点3、営業所4
連結子会社数 30社
事業内容
四輪車事業

電動車用制御システム、ガソリン車用エンジンマネジメントシステム、空調システムなど、新環境車時代を切り開く各種システム製品が四輪車の進化に貢献しています。

二輪車・汎用事業

高い環境性能と走る楽しさを両立させる二輪車用電子燃料噴射システム(FIシステム)においても世界トップシェアを誇るなど、二輪車・汎用製品の進化をリードしています。

ウェブサイト https://www.keihin-corp.co.jp/

※掲載されている情報は各ページが公開された時点のものであり、変更されている可能性があります。