島田由美

電力会社向け電力流通システムや通信設備システム関連のサーバ運用に従事されているテクノプロ・エンジニアリング社(以下、「TPE」)広島支店の島田由美さんにお話を伺いました。島田さんが外勤するお客様は、中国地方を事業基盤として、情報通信事業(電気通信事業と情報処理事業)を展開し、時間・空間を超えて人と人の間で心の通う、より良いコミュニケーションづくりを目指されています。

「学生に触発されてSEに戻りました。」

まずは、島田さんのご経歴をお聞かせください。
島田さん
島田由美さん
テクノプロ・エンジニアリング社
広島支店
島田由美さん

私の経歴は少し珍しいかもしれません。理学部数学科を卒業後SI(System Integration)会社に就職し、ディーラ、販社、自社内向け研修会の企画・実施を含めた共通技術支援や製造業向けの業務システム開発などのSE業務を16年間担当しました。その後、情報専門学校で常勤講師として教壇に立ちました。教えていた内容は、プログラム言語・データモデリング・サーバ構築からプロジェクト管理まで、広く浅くではありますがシステムに関わる知識全般でした。
講師として活動していた間、学生の前向きな姿勢を身近に感じ、将来の夢を聞いたり相談を受けたりしているうちに、そんな学生のみなさんに触発されて「もう一度SE業務に戻りたい」という気持ちが強くなってきたのです。
講師を辞めることについてはすこし悩みましたが、考え抜いた末に転職を決意し、仕事の種類の多さと幅の広さを期待して全国規模のSI会社を探していた際にTPEを知りました。
以前のSI会社でもC言語を少し使っていましたが、本格的に実務としてプログラム言語を使ったのは実はTPEに入社してからなんです。

講師生活からSEに復帰し「わくわくしました。」

講師生活からSE に戻られて、困惑される部分はありませんでしたか?
島田さん
大学卒業後、すぐに講師になったのではなく16 年間のSE 業務経験を経ていたこともあり、困惑したことは特にありませんでした。
今思うと、講師時代に『学問としての知識』と『実務に求められる知識やスキル』とをうまく融合し、システム開発全体を俯瞰することができていたからかもしれません。
比較できるようなレベルではありませんが、25 歳で現役を引退し37 歳で現役に復帰したテニスプレーヤーの伊達公子さんは、復帰後も第一線で活躍して優秀な戦績を残しておられるので、そうありたいものだと思っています。
現役時代は、すべてに対して一生懸命で、なかなか冷静に自分自身を観察することは難しいように思います。しかし、現役を引退すると同時に、他のプレーヤーを見た際に「この時はああしたら良い」「相手の弱点はここだ」「次はこうしてみてはどうか?」などと、さまざまな工夫や戦略が見えるようになる部分もあるのではないでしょうか。テレビなどでも解説者が現役時代には自分自身もできなかったことを見事に解説してみせますが、伊達さんのすごいところは、解説するだけではなくもう一度自分でやって見せたところだと思います。
話が大きくそれてしまいましたが、講師を辞めてTPE に入社し現場に外勤したときも困惑した気持ちはなく、逆にやってみたいことが多くてわくわくした感覚だったことをお伝えしたくて、こんな例をお話しました。

良い設計書は漫然とした仕事からは生まれない

一度、現場を離れたことが島田さんにとっては良い結果を生んだわけですね。ご経験を踏まえて、そういった体験を持たない方にも役立つアドバイスがあればお聞かせください。
島田さん
システム開発の現場では、たくさんの設計書を目にすると思いますが、まず、その設計書を丁寧に読むことをお勧めします。設計書には『良くできた設計書』と『出来の悪い設計書』があり、数多くの設計書に触れ、実務を経験するうちに設計書の『良し悪し』が見えてくる時があると思います。設計書の出来は開発期間や品質ばかりでなく、運用にまで影響を与える大切なものです。システム開発の現場に身を置いていると、必ず設計書を作成する仕事に携わる機会があります。そんな時に、意識を持って設計書を見ていた経験が活かされると思います。
また、とかく上流工程が格好のよい仕事のように思われがちですが、コーディングやテスティングなども進んで担当することで、お客様の要望を盛り込むだけではなく、製造しやすい設計書を作ることができるようになるのではないでしょうか。
私自身の専門学校での講師経験もそうですが、どんな経験でも仕事をする上で無駄になるものはないと考えています。でも、取組み姿勢によっては、後に経験として活かすことができなくなってしまいます。どのような作業工程でも、漫然と仕事をするのではなく、意識して仕事をすることが大切ではないかと思っています。すこし、えらそうなことをしゃべりすぎちゃいました(笑)。
最後に、技術者派遣という就業形態についてどのように感じていらっしゃるか教えてください。
島田さん
私は、TPEに入社するときから技術者派遣について特に悪いイメージも良いイメージもありませんでした。実際に仕事をしてみると、いろいろな仕事に就くことができますし、自由があって悪くないのではないでしょうか。また、ケースバイケースでしょうが、自身の評価が上司個人に依存することなく仕事の結果で評価されることも、私にとってはやりがいを感じられる部分だと思っています。
最後に私が気に入っている本をご紹介します。『のうだま』※1と『のうだま2』※2という本――コミックです!―― なのですが、「脳のスイッチ」を切り替えることによって潜在能力が開花し、記憶力・集中力・持続力・思考力などが強化されて不可能を可能にするという内容です。図書館などにもあると思いますので、機会があれば読んでみてはいかがでしょうか。
島田さん、興味深いお話をありがとうございました。