佐々木猛・仲本匡

テクノプロ・IT 社(以下「IT 社」)土浦支店チームリーダーの佐々木猛さんと横浜第二支店チームリーダーの仲本匡さんは、2015 年6 月
期の1 年間におけるIT 社の業績に対する貢献が認められ、8 月28 日に開催されたIT 社8 月度支店長会議でMVP として表彰されました。
今回は受賞直後のお二人に、仕事に対する姿勢などのお話を伺いました。

MVP の受賞に「まさか自分が…!?」と驚く

― このたびはMVP 受賞おめでとうございます。まずは、受賞の感想をおきかせください。
sasaki1

佐々木 支店長から「MVP に推薦した」という連絡をいただいた時には「会社にそんな制度があるのか・・・。きっと支店から誰かを推薦するんだろうな」程度にしか考えていませんでした。社歴も約2 年しかありませんので、多くの先輩方がいる中で自分が受賞するなんてことは想像する余地もありませんでしたし、例えて言うなら「とりあえず宝くじを買ってはみたけど、当たるわけないよなあ」という感じでしょうか。なので、受賞の連絡をいただくまで推薦されたことすら忘れていました(笑)。
長年にわたって私よりも優れた実績を残されている先輩も沢山いらっしゃるので、受賞の連絡をいただいた時は「どうして私が・・・!?」「私でいいんですか・・・?」といっ
た感想で、当惑したというのが正直なところです。
仲本 私も佐々木さんと同じような気持ちですね。今日、表彰式に参加し、西尾社長の中期経営計画の説明や、浅井社長のお話などを真正面の席で直接お聞きするという大変貴重な体験をさせていただいて、言葉にできないくらい感謝しています。ただ、実は緊張の連続で「人間は緊張すると本当に身動きできない状態になるんだな」
という滅多にない経験もできました(笑)。
佐々木 今回の賞は決して私一人の努力や力だけではなく、一緒に仕事をしてくれているメンバーの仕事ぶりがあってこそです。だからこそ、営業の方やOM(オフィスマネージャー)やGL(グループリーダー)にも感謝し、みんなで喜びを分かち合いたいと思っています。

― 今回の受賞にも繋がった、現在担当しているお仕事について教えてください。
佐々木 私は今、製鉄会社で利用されている汎用機の開発を担当しています。もともと別々の2 社が一緒になって現在の会社になったことから必要になった社内システムの統合作業と、その後の最適化などを主な業務としています。業務がスタートした2013 年10 月当初は私を含め2 名の、小規模な請負(準委任)でしたが、現在では
14 名で業務を行う規模に拡大しました。
仲本 私のほうは信用金庫のシステム部で派遣技術者として仕事をしています。具体的には外交員、つまり営業担当の方が外回りをするときに使用する携帯端末の機種変更に伴うリプレース業務や運用サポート、さらに社内システムの新規構築や既存システムの機能追加や改修など、システム部として多岐にわたる仕事をしています。ちょうど佐々木さんと同じ時期の2013 年8 月からリプレース業務を開始し、配属当初は4名でしたが現在は11 名まで拡大しました。
― MVP 受賞に至るまでにご苦労などはありましたか?
仲本

仲本 現在の配属先での仕事は約4 年になりますが、仕事で遭遇したトラブルは数え切れません(笑)。ただ、仲間が増える過程でいろいろな出来事があったことは特に印象深いですね…。例えば、ある技術者から配属初日の夜に電話がかかってきたかと思うと、「会社を辞めたいと思います」と言われ、非常にびっくりしたことがありました。私自身にリーダーとして行き届かない部分があったと反省させられましたが、今となってはそれも良い経験になりました。現在のチームのメンバーについては、対応業務の違いによって各自が得られる経験の内容に少し偏りがある状態になっているので、今後はそれぞれがどんな案件に移っても対応できるよう、皆が幅広く経験を積める体制作りを行う予定です。
佐々木 私の場合は構内請負の形で仕事をしているので進捗・品質・要員などの管理を行う必要があり、それが大変でしたね。最初に2 人でスタートした仕事が14 人分になるまでの過程で、技術者としての仕事以外に管理業務のボリュームがどんどん増えていき、同時に様々な問題も次々に発生しました。私自身が未熟だったためにだいぶ疲弊してしまった時期もあり、そのせいで土浦支店の管理社員の皆さんや現場で一緒に働くメンバーにも負担をかけてしまった部分が多々あります。メンバーの働きやすい環境を整えるのは簡単なことではありませんが、全員が仕事に専念できて良い結果・成果に繋がる環境作りができればと思って日々模索を続けています。

仕事を進める上で重要なのは「人柄」と「ヒューマンスキル」

― お二人が考える、「仕事を進める上で大切なこと」は何でしょうか?
nakamoto_sasaki1

佐々木 技術者である以上、技術力が高いことが重要なのは間違いないのですが、我々は研究者ではないので、人並み外れた技術力を持っている必要はありません。曖昧な表現になってしまいますが、「年齢と経験に相応する技術力」があれば十分ではないでしょうか。
仲本 私も同感ですね。私たちのような仕事ではお客さまの要望を正しく引き出して課題を解決することが大切ですから、自分の技術力を必要以上に過信していると相手の言うことを正しく聞き取れなくなるおそれがあります。仮にその人が技術者として優秀だったとしても、ビジネスパーソンとしての資質には疑問符を付けざるを得ません。
佐々木 技術の面ではいくらでも別の人がフォローできますしね。私のチームでも、メンバーに一生懸命取り組む姿勢があればスキルは徐々に上がっていきますので、その部分はまったく心配していません。求めるのは、ありきたりですが「人柄とヒューマンスキル」だと思います。
仲本 まさに佐々木さんの仰るとおりで、私から付け加えることはありません!(笑)

― 「ヒューマンスキル」とは具体的にどのような能力なのでしょうか?
佐々木 「ヒューマンスキル」よりも「ビジネススキル」と言った方がより分かりやすいかもしれませんが、私自身はビジネスを円滑に進められる能力をイメージしています。人にはそれぞれ個性がありますので、「自分を一切出すな」「ただ従順に仕事をしろ」というつもりは決してありません。ただ、仕事では成果を出さなくてはなりませんし、自己満足の範囲で作ったものからその成果はなかなか生まれないものだと思います。お客さまの要望を反映し、課題を解決し、さらに満足を与えるものが提供できて初めて成果といえるのではないでしょうか。しかし、お客さまの要望のすべてを何から何まで解決できるシステムが作れることは非常に稀なケースに限られるのが現実ですから、お客さまに満足を提供できるかどうかは、打ち合わせや作業での態度、報告内容、説明の仕方など、お客さまに成果物を納品するまでの作業過程すべてが重要な要素として関係してくるのです。
まったく同じシステムに対しての満足度が、それらの要素の差で180度違ってしまうケースも考えられます。例えば、「いちいち『出来ない』『無理だ』と言うばかりで結局中途半端なものが納品になった。あの業者は二度と使わない!」と言われてしまうこともあれば、進め方次第で「難しい条件の中にも関わらず私たちの要望をよく聞いてくれて、最大限できる範囲のことはやってくれた。ありがとう!」と感謝されるかもしれません。
仲本 私自身の経験で言えば、最初に3名で現在の配属先に配属された時の仕事は2011年11月から2013年3月の期間で契約満了になったのですが、その後、「また仕事を依頼したい」というお話をいただいて2013年の8月から現在まで継続して仕事をさせていただいています。最初の仕事内容が評価されて再度お客さまから声をかけてもらうことができた、という意味では佐々木さんの言う「ヒューマンスキル」が仕事に役立った実例ではないかと思います。さらに、お客さまに対してだけではなく一緒に作業を進めるメンバー間で上手にコミュニケーションを行うスキルも大切ですね。作業そのものは各自が一人でやることが多いかもしれませんが、プロジェクトの完了までには多くの人が関与しますので、適切なタイミングで「報告・連絡・相談」ができる能力は重要なスキルだと思います。この「報告・連絡・相談」をきちんと行うスキルは社会人であれば持っていて当然のはずなんですが、上手くいかないプロジェクトは大抵、フタを開けてみたら「こんなはずではなかった…」という事実が隠れているようですしね。
現在、プロジェクトリーダーという立場を任されていますので、メンバー間でうまくコミュニケーションがとれる環境作りに努めたいと思います。今の私がメンバーにとって良いリーダーなのかどうか分かりませんし、一人前のリーダーと言うには自分はまだまだ未熟です。支店でもチームリーダーを務めていますが、今後は自分もリーダー研修などを受講してスキルを身につけていきたいと考えています。
― 最後に、お二人の休日の過ごし方を教えてください。
仲本 残業で帰宅が遅くなっても会社やメンバーからのメールチェックは毎日するようにしているので、その反動からか休日は普段以上に早起きして朝から活動してますね(笑)。大型バイクに乗っているので、友人とツーリングに出かけることもあります。バイクだと東京の自宅から江ノ島まで早ければ1時間ほどで行けるので、週末に早朝から1人で出向く時もありますよ。海沿いの道をバイクにまたがって走るのは気持ちも晴れやかになってリフレッシュできます。それから、地元のソフトボールチームに所属しているので、日曜日は早朝から練習や試合で汗を流しています。あとは妻と愛犬2匹で車に乗って一緒に出掛けたり、買い物に行ったりして過ごしています。
佐々木 私はオン・オフを上手に切り替えている仲本さんとは対象的に(笑)、ついつい休み中にもメールチェックをしてしまいます。個人的には仕事とプライベートはきっちりと分けて休日くらいは好きなことをしたいんですが、なかなか思う通りにならなくて…。以前は釣りに出かけることもあれば、仲本さんと同じく大型バイクでのツーリングもしていたんですが、最近はさっぱり乗らなくなり、結局車検も切れてしまいました…。今度車検を取り直しておきますので一緒にツーリングに行きましょう、仲本さん!
― 意外なところでバイク仲間が見つかったようですね(笑)。お二人とも、お話を聞かせていただきありがとうございました。