業務システム音声ソリューション

あきらめていた現場情報を容易にデータ化!新しい付加価値を生みだしてみませんか?

このようなことでお困りはありませんか?

  • ・この情報をデータ化して分析できたら競争力が上がるのに
  • ・手書紙データの保管に貸倉庫代がかかる
  • ・手書の紙からシステム(Excel)に入力する手間が大変
  • ・手書きやデータ入力のミスが多くデータの信頼性が低い
  • ・作業で両手が空かないのでキーボード入力ができない

当ソリューションは主に作業現場におけるデータ入力を音声で行うことにより、以下のようなメリットを得ることが可能です。

  • ・容易に現場データのシステム入力が可能になる
  • ・記入ミスや入力ミスが無くなりデータ精度が向上する
  • ・収集したデータを使っていままでできなかったデータ分析が可能になる
  • ・ハンズフリーでデータ入力が可能になる

ソリューションテンプレート

検査工程や工程内検査におけるデータを音声により記録

品質システムにおいて品質記録は必須です。
しかしながら記録対象データが数多くあり、基幹システムで入力できず手書きの紙の状態で保管されていることが多いのではないでしょうか?
せっかくの情報がデータ化されていないため、品質の統計的分析にも使えず眠ったままになってしまいます。
当ソリューションは、音声で測定機器の値を言うだけで正確にデータを記録することが可能です。

機能一覧

設備の段取り(設定値)や稼働状況を音声により記録

始業時の設備点検や操業時における定時チェックなど生産設備に関連する情報記録も製品の品質確保のための大切な作業です。
当ソリューションにおいて、設備を確認しながら音声で設備設定値や温湿度などの環境データを入力することにより、これらの設備データと製品品質データの両方から品質と製造条件との因果関係が明確になり、品質向上のための定期的評価が可能になります。

荷下ろしをしながら荷受けした物品を記録

大きな荷物の受入はトラックから荷物をいったん平置きにしてから改めて受入た物品を登録します。平置きされた物品を巡りながらデータを入力するのはムダな作業であり、そもそも荷下ろしした物品を置いておく場所がないケースもあります。
このような場面において、荷下ろしする作業者が音声で物品コードなどを即時入力することで荷下ろし業務の効率化が図れます。

音声による原料投入チェックにより食品廃棄ロスを実現

食品製造の現場で、「原料の投入量間違い」や「類似原料が多いため投入品目の間違い」「原料の投入忘れ」によって食品廃棄が発生します。
このような問題を解決するため、当ソリューションではレシピと投入量の音声チェックや類似品目や未投入原料アラームの音声通知を行い原料誤投入を撲滅します。

独自のEXCEL表に音声でデータ入力

独自のExcel表に音声でデータの入力を行います。
Excelのコメント機能により音声辞書や入力制限を実現するためExcelテンプレートを作成して、それより疑似的なEXCELアプリケーションの音声入力を経由して最終的にExcel表にデータを格納します。

基本情報

システム構成図

  • ・Windows(iOS/Androidも対応可能)
  • ・Windows .net系アプリケーションによる開発
  • ・スクラッチ開発またはテンプレート利用によるアプリケーション提供
  • ・音声辞書は発音を平仮名表記するだけ
  • ・音声処理はクライアントPC内部で処理(ネットワーク外部音声サーバ不要)
  • ・ご参考ライセンス価格:音声認識ライセンス+音声出力ライセンス 10万円/PC1台
  • ・ご参考アプリケーション価格帯:200万円~500万円