「テクノプロで働きながら博士号を取得する」というキャリアプラン創出

現在、日本では博士課程に進学せずに、修士課程で就職する大学院生が大多数を占めています。経済的な事情や就職活動への影響など様々な理由で進学を断念せざるを得ない社会状況となっています。一方、「できるならば博士課程に進んでさらに専門性を高めたい」という希望を持っている研究員が、数多く存在することも事実です。

テクノプロ・R&D社では、会社に在籍して給与を受け取りながら、博士課程の学生として学位の取得を目指す【社会人博士制度】をスタートさせています。リーディングカンパニーであるテクノプロが、まずは先駆けとなって、欧米に比べてPh.dの人数が少ないと言われている日本の研究開発業界を変革していきたいと考えています。近い将来には「会社が博士課程を取得させる」…そんな未来が到来するかもしれません。

在学時の処遇等
  • ① 検定料、入学金、授業料給付します。(※学位取得後、3年間の就業期を経過すれば返済義務免除)
  • ② 給与満額支給(月給)
  • ③ 社宅入寮可