「第40回日本神経科学大会:サテライト企画」豊橋技術科学大学と”豊橋プローブ”ワークショップセミナーを開催

2017.07.14

テクノプロ・R&D社は豊橋技術科学大学と「豊橋プローブ」ワークショップセミナーを開催いたします。

「豊橋プローブ」とは豊橋技術科学大学のシリコン微細加工技術を応用して開発した
新しい電極で、従来の金属電極を含む微小電極の20~30分の1、直径わずか5μmの細さを誇ります。
刺入の際の抵抗が少なく脳組織へのストレスを最小限に抑えることで、
安定なニューロン活動信号が得られるのが特徴です。

本ワークショップでは、豊橋プローブを用いた急性実験の手技紹介、慢性留置、
埋め込みの手技紹介等の説明に加え、実際の計測データもご紹介いたします。
豊橋プローブを使った研究にご興味のある方はふるってご参加下さい!
※第40回日本神経科学大会(幕張メッセ)の期間中に展示会場ブースNo. 13にて展示説明も行います。

日時 2017年7月22日(土)
14:30~15:30(30分前より受付開始)
場所 幕張メッセ プレナ幕張6階 大会議室 
千葉県千葉市美浜ひび野2-4 地図
参加人数 50名程度
内容 1.はじめに/事務連絡(5分)
本ワークショップの目的/アンケートのお願い

2.豊橋プローブに関する説明(10分)
豊橋プローブの紹介/技術情報など

3.動物実験の紹介(20分)
豊橋プローブの取り扱い・注意事項の説明/電極の選定
模型を用いた操作・計測方法の説明
急性実験の手技紹介
慢性留置、埋め込みの手技紹介
計測データ

4.受託研究について(10分)

5.フリーディスカッション(10分)
全体を通しての質疑・要望など

6.個別相談
共同研究や受託研究など、個別に対応いたします。

参加料 無料
申し込み方法 豊橋プローブプロジェクト事務局 (担当:鯉田、河野)
下記webサイトから申込書一式をダウンロードし、メールでお送りください。
webサイト:http://www.eiiris.tut.ac.jp/probe/
送付先メールアドレス:toyohashiprobe@eiiris.tut.ac.jp