受託実績検索

キーワードから実績を探す

サービス

すべて

契約

すべて

領域

すべて

技術

すべて

検索結果数: 232 件

バイオ受託研究

化合物の酵素活性阻害能の評価(酵素活性測定)

試験概要
既に確立された酵素の化学発光反応系を用い、提供された化合物について、60種類の酵素を個別に1536-well plate上で反応させ、その化学発光をプレートリーダーにて測定した。測定データ (プレート 16枚分) を提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

Cas9/gRNA発現プラスミドベクターの構築

試験概要
哺乳類細胞において、指定の guide RNA 配列および Cas9 タンパク質を発現させる All-in-one 型プラスミドベクターを3種類、設計・作製し、提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

遺伝子編集効率の比較検討

試験概要
CRISPR/Cas9システムと開発中の遺伝子編集システム、それぞれを用いて、哺乳類細胞のHPRT1遺伝子を遺伝子編集(ノックアウト)した。それら細胞を用いて、HATアッセイを行い、変異体出現頻度から、CRISPR/Cas9システムと開発中のシステムとの遺伝子編集効率を比較した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞

バイオ受託研究

siRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討

試験概要
陽性対照となる細胞を用いたウエスタンブロットを行い、標的遺伝子産物に対する複数種類の抗体から、機能的なものを選別した。siRNAを導入した細胞において、選択した抗体を用いたウエスタンブロットを行い、siRNAによる遺伝子発現抑制を評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

人工核酸の遺伝子発現抑制能のin vivo評価

試験概要
標的遺伝子を発現抑制する可能性がある20種類の人工核酸をマウスに投与後、標的臓器における標的遺伝子の発現をリアルタイムPCR法により解析し、発現抑制能を評価した。加えて、血清中のALT、AST、ALP濃度から忍容性を評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 動物実験

バイオ受託研究

40万種類の化合物についてのHTRF測定

試験概要
タンパク質A-核酸Bの相互作用をHTRFにより測定するアッセイ系を用いて、提供された40万種類の化合物 (1536-well plateに分注済み) の相互作用阻害能を検討するため、それらの存在下でHTRFの測定を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

1600種類の化合物についてのHTRF測定

試験概要
タンパク質A-核酸Bの相互作用をHTRFにより測定するアッセイ系で一次選抜された1600種類の阻害候補化合物について、阻害作用の濃度依存性を検討するため、各化合物が16段階の量で分注された1536-well plateを用いて、HTRFの測定を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

FTEヒト血液検体からの細胞分離とデータの取得

試験概要
ヒト血液検体から各種キット等を用いて、特定の細胞種を分離したうえ、開発中の測定機器でそれらを測定し、データを取得した。FTEとして、委託者の要望に応じて、選別細胞種を臨機応変に変更しながら、継続的に実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

線虫を使った薬物評価の予備的検討

試験概要
提供いただいた被験物質に対する線虫の走化性並びに活動性を撮影した動画を解析し、評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

共発現プラスミドベクターの構築

試験概要
哺乳類細胞において、目的遺伝子AおよびBを同時に共発現させるプラスミドベクターを構築した。そして、トランスフェクション用のプラスミド調製を行い提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

遺伝子編集用レンチウイルスの調製と細胞への感染

試験概要
標的遺伝子に対するguideRNAとCas9を発現するレンチウイルスベクターを調製した。そして、提供いただいた細胞に感染させ、感染が成立した細胞を薬剤により選択した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞

バイオ受託研究

遺伝子編集用プラスミドベクターの構築

試験概要
標的遺伝子に対するguideRNAを3種類設計し、それぞれの切断効率を培養細胞を用いて評価し、最も切断効率の高いguide RNAを選択した。その guide RNAとCas9を共発現するプラスミドベクターを構築した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

FTE被験物質の生理活性評価系の構築

試験概要
細胞Aの増殖活性を指標にした被験物質Iの生理活性評価系の構築を行った。細胞の播種数、被験物質の添加濃度、培養期間の検討を行い、それぞれについての至適条件を決定した。
また、細胞Bの酵素活性を指標にした被験物質IIの生理活性評価系の構築を行った。細胞の播種数、被験物質の添加濃度、培養期間の検討を行い、それぞれについての至適条件を決定した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ハムスター皮脂腺細胞を用いた皮脂合成試験

試験概要
4種類の被験物質をハムスター皮脂腺細胞培養系に添加し、その後の皮脂合成量をオイルレッドO染色と波長520nmの吸光度により評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

FTEファージディスプレイの実施

試験概要
提供いただいたファージ/大腸菌ライブラリー、抗原について (ライブラリーと抗原の組合せは9種類)、パンニングを5回行い、抗原に反応する抗体を発現するファージを濃縮した。濃縮過程での抗原への反応性をELISAを用いて評価するとともに、過程毎のライブラリーをプラスミドDNAとして調製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

人工核酸の遺伝子発現抑制能のin vivo評価

試験概要
培養細胞で十分なノックダウン効果を示した人工核酸2種類を、用量別にマウスに投与し、標的臓器での標的遺伝子でのノックダウン効率をリアルタイムPCR法、並びに標的遺伝子に関連する物質量により評価した。また、忍容性を血中ALT、AST、ALPにより評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 動物実験

バイオ受託研究

プルダウンアッセイによるタンパク質間相互作用の確認

試験概要
His-tag標識されたタンパク質Aと細胞抽出液を混合後、ニッケル・セファロースビーズでタンパク質Aをプルダウンした。プルダウン後のビーズ抽出液について、SDS-PAGEを行い、タンパク質Aと相互作用すると考えられるタンパク質Bおよびタンパク質Cに対する抗体を用いてウエスタンブロットを行い、タンパク質A、B、Cの物理的相互作用を解析した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

FTE抗体関連の各種業務の実施

試験概要
1工数のFTE試験として、下記 ①~③ の内容を委託者のご要望に沿ったかたちで実施した。
① ファージディスプレイにおけるパンニングの実施と濃縮過程のライブラリーDNAの調製、② 細胞からの抗体遺伝子のクローニングとプラスミドベクターの構築、③ ハイブリドーマの培養上清からの抗体の簡易精製と純度確認
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

出芽酵母内でのウイルスベクタープラスミドの構築

試験概要
出芽酵母内でDNA断片をつなぎ合わせ、感染力を欠失させたウイルスのゲノム (>20kb) をプラスミドとして構築した (ウイルスベクタープラスミド)。その後、酵母からDNAを抽出し、それを元に大腸菌を形質転換させ、ウイルスベクタープラスミドを抽出、精製した。
対応領域
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

哺乳類細胞からの組換えタンパク質の発現精製

試験概要
CHO系細胞にHis-tag標識されたタンパク質Aを一過性発現させ、培養上清からTALONレジンによりタンパク質Aをアフィニティー精製した。そして、タンパク質Aに対する抗体を用いたウエスタンブロット解析を行い、精製物が抗体によって認識されることを確認した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

遺伝子安定発現細胞の作製 (クローン化あり)

試験概要
目的遺伝子を哺乳類細胞において発現させるプラスミドベクターを構築した。それをヒト大腸がん細胞株へリポフェクションにより導入し、薬剤耐性となった細胞をクローン化した。クローン細胞において、目的遺伝子の発現をリアルタイムPCRにより測定し、発現量の高かった5クローンを提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞

バイオ受託研究

Immunoglobulin heavy chain および light chain の配列同定

試験概要
提供されたラット細胞のRNA (cDNA) から、Immunoglobulin heavy chain および light chain の variable region をPCR増幅し、それぞれの variable region の配列を同定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

遺伝子安定発現細胞の作製 (クローン化なし)

試験概要
2種類の浮遊系細胞について、エレクトロポーレーションによる遺伝子導入の検討、ならびに、選択薬剤の至適濃度の検討を行った。そして、最適化された条件でプラスミドベクターを導入後、薬剤選択を行い、薬剤耐性を示し、プラスミドが安定導入された細胞を提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

レンチウイルスベクターによる遺伝子導入株の樹立

試験概要
提供いただいた特殊な細胞に12種類のレンチウイルベクターをそれぞれ感染させ、薬剤選択を行い、薬剤耐性となった感染細胞の凍結ストックを調製し、提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

レポーター細胞の樹立

試験概要
哺乳類細胞において、シグナルAに応答する配列の制御下でヒト分泌性アルカリ性フォスファターゼ (SEAP) を発現させるプラスミドベクターを構築した。そのプラスミドを細胞へ導入し、安定導入された細胞を樹立した。樹立した細胞について、シグナルAを活性化させる刺激を与え、分泌されるSEAPの活性を蛍光測定により評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

表皮角化細胞における化粧品素材の細胞傷害性試験

試験概要
化粧品素材を表皮角化細胞に添加した際の細胞生存率を調べ、細胞傷害性を評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

アンチセンスオリゴによる標的遺伝子のノックダウンによる影響の評価

試験概要
細胞6種に対し標的遺伝子をアンチセンスオリゴによりノックダウンし、ノックダウンによる影響を細胞生存率、アポトーシス及び関連遺伝子の発現量を調べることで評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞

バイオ受託研究

膜タンパク質Aの細胞膜発現量の測定

試験概要
ある癌においては、タンパク質Dの発現と、Dの受容体である膜タンパク質Aの細胞膜への発現量が増加している。膜タンパク質Aの細胞膜上の発現量を定量する方法を確立するために、細胞膜上のタンパク質をビオチン化し、ビオチン化タンパク質をアビジンビーズによりプルダウンした。プルダウンされたビオチン化タンパク質中のAをウエスタンブロットにより検出し、膜タンパク質Aの細胞膜上の存在比を測定する方法を確立した。この解析を30種の癌細胞株について行った。また、タンパク質Dの発現も、これらの癌細胞株で検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

膜タンパク質Aの発現量と癌細胞の増殖との相関

試験概要
膜タンパク質Aの発現を抑制するためのshRNAを発現するレンチウィルスを作製した。膜タンパク質Aが細胞膜に高発現あるいは低発現している細胞株それぞれ6種に、作製したレンチウィルスを感染させ、shRNAを発現する細胞を選択した。膜タンパク質Aのノックダウンが各癌細胞の増殖に与える影響を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

タンパク質Xの活性化と、そのノックダウンによる癌細胞増殖阻害効果の関係

試験概要
大腸癌あるいは肺癌由来の細胞株について、タンパク質Xのチロシンリン酸化レベルをウェスタンブロットで解析した。また、その遺伝子XをノックダウンするためにshRNA発現用レンチウイルスを作製した。遺伝子Xのノックダウンが各癌細胞株の足場非依存性増殖に与える影響を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

FTE医薬品開発のための基礎研究

試験概要
ある疾患の原因として、肺や肝臓における細胞死が考えられている。この細胞死の誘導に関わる遺伝子Xの発現を抑制する薬の開発を目的とした。①HEK293細胞を用い、qPCRおよびウエスタンブロットにより、siRNAやアンチセンスオリゴの配列を比較選択した。②肺や肝臓由来の細胞株や初代培養を用い、遺伝子Xの発現上昇が見られる細胞死誘導系を確立した。③②の系を用いて、①で選択したsiRNAやアンチセンスオリゴが、細胞死誘導に関連する機能を抑制できるか検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

FLAGタグ融合酵素の精製検討

試験概要
ウイルスがコードする酵素のFLAGタグ融合タンパク質を哺乳類浮遊細胞で発現させ、アフィニティー精製を行った。精製された酵素の活性を測定し、活性が保持された高純度の酵素が精製されたことを示した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

創薬スクリーニングのアッセイ系構築検討用タンパク質の精製

試験概要
FLAGタグあるいはGST融合タンパク質6種について、哺乳類浮遊細胞1 Lスケールで発現させ、アフィニティー精製を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

ヒト酵素のHisタグ付きタンパク質の発現・精製系の確立

試験概要
ヒト酵素のHisタグ付きタンパク質を哺乳類細胞で発現させるプラスミドベクターを構築した。構築したプラスミドを哺乳類浮遊細胞に導入し、目的タンパク質の産生条件を検討した。さらに、目的タンパク質のアフィニティー精製条件を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

ヒト酵素のHisタグ付きタンパク質の大量精製

試験概要
ヒト酵素のHisタグ付きタンパク質を哺乳類浮遊細胞で発現させ、2 L培養分の細胞を用いて、大量精製を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

増殖因子依存的ERKリン酸化測定

試験概要
増殖因子刺激によるERKリン酸化を検出するアッセイ系を確立するために、AlphaLISAキットを用いて増殖因子量依存的リン酸化の検討を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

増殖因子による受容体型チロシンキナーゼの活性化測定

試験概要
増殖因子刺激による受容体チロシンキナーゼの二量体化を検出するアッセイ系を確立するために、化学発光検出キットを用いて増殖因子量依存性を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

増殖因子による転写活性化測定

試験概要
増殖因子による遺伝子発現誘導を検出するアッセイ系を確立するために、レポーターアッセイにより増殖因子量依存性を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

被験物質が毛乳頭細胞の活性に与える影響

試験概要
被験物質が毛乳頭細胞を活性化する効果を持つかを検討するために、ヒト頭髪由来の毛乳頭細胞で細胞増殖や増殖因子の産生を測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

被験物質がヒト皮膚由来線維芽細胞のコラーゲン産生に与える影響

試験概要
食品原材料から抽出した分離画分5種が保湿効果を示す可能性があるか検討するために、正常成人皮膚由来線維芽細胞のコラーゲン産生に与える影響を、培養上清を用いたELISAにより検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

被験物質が血管内皮細胞の機能発現に与える影響

試験概要
被験物質が血管機能改善効果を示す可能性があるか検討するために、ヒト臍帯静脈内皮細胞のNO産生やサイトカイン産生に与える影響を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

分子生物学研究用製品の性能評価

試験概要
各種核酸保存試薬、核酸保存製品、分子生物学研究用酵素の性能を市販品と比較評価した。
対応領域
  • 機器
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

チューブ製品の品質評価

試験概要
分子生物学研究用製品のヌクレアーゼフリーを検証するために、DNaseおよびRNaseの活性を測定した。
対応領域
  • 機器
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

FTE核酸医薬品候補の各種解析

試験概要
核酸医薬品候補の血清中安定性、in vitro培養系でのノックダウン(KD)効率、in vivoサンプルでのKD効率をreal-time PCRにより評価した。加えて、安定発現細胞株の作製、in vitro translationなども行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞
  • 動物実験

バイオ受託研究

医療機器の膵液漏に関する評価

試験概要
動物実験により、手術機器のダメージ評価した。用途が同じでメーカーやモデルが異なる手術機器を使用し、ラット膵臓の一部を切除した。そして、経時的に腹腔内のアミラーゼ活性を測定し、手術によるダメージを評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 動物実験

バイオ受託研究

発現ベクターの構築とHLA遺伝子安定発現細胞株の樹立

試験概要
3種類のHLAタンパク質を発現する発現ベクターを構築し、ヒト癌細胞株にトランスフェクションして安定発現細胞株を樹立した。目的タンパク質の発現を、共焦点レーザー顕微鏡とフローサイトメーターにより確認し、シングルクローン化した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞

バイオ受託研究

臨床検査装置の性能評価

試験概要
委託者が開発中の臨床検査機器を搬入・設置し、SOPを整備したうえ、人工血液を使用して海外申請用データを取得した。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

PCR反応前後での溶液物性の測定

試験概要
新たなPCR装置開発のため、PCR反応前後で溶液物性が変化する反応条件を検討した。
対応領域
  • 機器
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

被験物質の皮脂合成に与える影響の評価

試験概要
天然物からの抽出物をハムスター皮脂腺細胞に添加し、皮脂合成能および細胞増殖能を評価した。
対応領域
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

麹菌の培養と死菌サンプル調製 

試験概要
麹菌を培養し、培養液を熱処理して菌を死滅させた。調製した死菌サンプルを提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

菌培養液中のオリゴ糖の精製

試験概要
菌培養液に含まれるオリゴ糖の精製条件を検討した。最終的に100 gスケールでの精製から目的物を数十g得た。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

タンパク質への医薬品の結合能評価

試験概要
幾つかの変異を含むタンパク質に既存医薬品を添加し、限外ろ過を利用して、未結合医薬品を回収し、HPLCで定量した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

果実種皮及び胚乳に含まれる生理活性化合物の定量

試験概要
果実種子の種皮と胚乳部分を分離し、抽出後、LC-MSを用いて、生理活性成分を定量した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

果実種子由来の生理活性化合物の精製

試験概要
果実種子由来の生理活性化合物の抽出及び精製条件を検討し、化学分析に必要な数十mgを精製した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

果実由来成分の乳製品凝集作用及び乳製品混合状態における生理活性評価

試験概要
牛乳を用いて果実由来成分のタンパク質凝集作用の濃度依存性を評価した。合わせて、牛乳添加が該当成分の生理活性に与える影響を評価した。
対応領域
  • 食品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

加工フィルムの殺菌能力評価

試験概要
特殊加工されたフィルム表面のみに菌液を滞留させ、一昼夜後の菌体濃度を測定して殺菌能力を評価した。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

植物由来成分精製過程における効率的なクロロフィル除去方法の検討

試験概要
植物由来のトリグリセリドの精製のための効率的なクロロフィル除去方法を検討し、効果的な方法を発見した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

食品添加物規格に準じた植物由来トリグリセリドの精製方法の確立

試験概要
食品添加物規格に準じた植物由来トリグリセリドの精製法を確立した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

酵素の阻害活性評価系の構築と阻害能評価

試験概要
ヒト及び他哺乳類の酵素Aについて複数の基質を用いた場合の阻害活性評価系を構築した。構築した評価系を用いて、9種類の化合物について阻害能を評価した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

マレイミド基を導入した薬剤の合成

試験概要
タンパク質へのコンジュゲーションを目的として既知薬剤にマレイミド基を導入した化合物を合成した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

バイオ受託研究

オカラ培地からの低分子化合物の精製

試験概要
オカラ培地の抽出及び低分子化合物の精製を行い、目的化合物を数十mg得た。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

食品中のポリフェノール類の精製

試験概要
ある食品に含まれる特定のポリフェノールを数種類、数十mg精製し、提出した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

食品中のカテキン類の分析

試験概要
合成した脂質結合型カテキン類を用いて、ある食品抽出液中の該当化合物の定性及び定量試験を実施した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

酵母培養及び発酵条件の検討

試験概要
1L小型ジャーファーメンターを用いて、数種類の培養液での培養、発酵状況を検討した。培養、発酵状況は、HPLC等を利用して栄養素、発酵産物を定量データから評価した。
対応領域
  • 機器
  • 食品
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

中空糸膜のろ過性能評価

試験概要
分子量の異なるタンパク質混合溶液を用いて、提供いただいた開発中の中空糸膜のろ過性能評価を実施した。一定時間間隔でろ液を回収し、ろ液量からろ加速度を評価した。またろ液をSDS-PAGEで分析し、限外ろ過能を評価した。
対応領域
  • 機器
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

食品中の生理活性物質の単離、構造決定に関するコンサルティング業務

試験概要
加熱食品中に含まれる生理活性物質の単離及び化学構造決定に関するコンサルティングを行った。推定化学構造から、薬剤としての構造最適化や合成に関しても実験業務も含めて実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化学・材料
関連技術
  • 有機合成
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

キノコからのβ-グルカンの抽出及び精製、リン酸基の導入

試験概要
キノコを熱水抽出して、水溶性β-グルカンを精製した。得られたβ-グルカンに有機合成の手法でリン酸基を導入し、リン酸導入量を算出して提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化学・材料
関連技術
  • 天然物精製
  • 有機合成

バイオ受託研究

植物からの色素の精製

試験概要
植物に含まれる特定の配糖化色素を種々のクロマトグラフィーを用いて精製し、純度97%以上の該当色素を数百mg、提出した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

抗体の熱安定性解析

試験概要
抗体及び抗体断片のそれぞれついて、SYPRO Orangeを用いたThermal Shift Assayを行い、変性温度Tmを決定した。
対応領域
  • 機器
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

リフォールディングによる酵素調製

試験概要
大腸菌発現系にて不溶性発現した酵素をリフォールディングし、活性を持つ酵素を調製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

SPRによる受容体とリガンドの相互作用解析

試験概要
受容体をアミンカップリングによってセンサーチップ表面に固相化後、各種リガンドとの相互作用を解析し、会合速度定数ka、解離速度定数kdを算出した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

ブタ臓器からの酵素精製

試験概要
ブタ臓器を開始材料とし、硫安沈殿、熱処理、イオン交換及びゲル濾過クロマトグラフィーの組み合わせによって高純度の目的酵素を精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

ブタ臓器からの酵素精製

試験概要
ブタ臓器を開始材料とし、加熱処理、イオン交換クロマトグラフィーの後、自作カラムによって最終精製し、高純度の目的酵素を精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

アレルゲンタンパク質の精製

試験概要
大腸菌発現系にてアレルゲンタンパク質をMBP融合タンパク質として発現し、アフィニティークロマトグラフィー、イオン交換クロマトグラフィー及びゲル濾過クロマトグラフィーによって精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

天然変性タンパク質の精製

試験概要
大腸菌発現系にて天然変性タンパク質をGST融合タンパク質として発現し、アフィニティークロマトグラフィー及びゲル濾過クロマトグラフィーによって精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

アルパカ由来VHH抗体の精製

試験概要
大腸菌発現系にてアルパカ由来VHH抗体を発現し、アフィニティークロマトグラフィーによって精製した。精製後のタンパク質の性状及び多量体化をゲル濾過クロマトグラフィー及びThermal Shift Assayによって分析した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

精製タンパク質と低分子化合物の相互作用解析

試験概要
組換えタンパク質の発現精製した後、そのタンパク質に対する低分子化合物の結合を、表面プラズモン共鳴 (SPR) 法によって解析した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

ヒト血清からのタンパク質精製

試験概要
ヒト血清から抗体カラムを用いて目的タンパク質を精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

FTEタンパク質へのコンジュゲーション法の開発

試験概要
タンパク質に対するポリマーのコンジュゲーションプロセスを実験室レベルで開発した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

細菌培養上清からの抗菌性ペプチド精製

試験概要
細菌の培養上清に分泌される内在性の新規抗菌性ペプチドをカラムワークにより単離・精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

果実由来内在性タンパク質の精製

試験概要
果肉の凍結乾燥粉末からタンパク質を抽出し、抽出液に含まれる特定の内在性タンパク質をカラムワークにより単離・精製した。
対応領域
  • 食品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

大腸菌発現系を用いた分泌タンパク質の精製

試験概要
大腸菌発現系を用いて標的タンパク質を分泌タンパク質として発現させた。最適発現条件の検討後、ニッケルアフィニティクロマトグラフィーによりペリプラズム画分から標的タンパク質を精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

培養細胞からの内在性核タンパク質の大量精製

試験概要
哺乳類培養細胞から核を単離し、核抽出液に含まれる特定の核タンパク質を抗体アフィニティクロマトグラフィーにより単離・精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

293系細胞を用いた組換え抗体の発現、精製条件の検討、および大量精製

試験概要
293系細胞に様々な種類の組換え抗体発現ベクターを構築後、細胞へ一過性導入し、培養上清に分泌された組換え抗体の発現条件の検討を行った。発現が確認された組換え抗体についてアフィニティクロマトグラフィーによる精製を実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

組換えFab抗体の発現および精製条件の検討

試験概要
293系細胞にFab抗体重鎖および軽鎖発現ベクターを構築後、細胞へ一過性導入し、培養上清に分泌された組換えFab抗体の発現を検討した。発現した組み換えFab抗体はアフィニティクロマトグラフィーにより精製精製した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

大腸菌発現系を用いたヘテロ三量体タンパク質の精製

試験概要
複合体を形成するヒト由来のタンパク質3種類を大腸菌において発現させるベクタープラスミドを構築した。それらを大腸菌に導入し、ヘテロ三量体として共発現させた。ニッケルアフィニティ精製、陰イオン交換カラム精製、ゲルろ過クロマトグラフィーを行い、シングルピークの高純度三量体タンパク質を精製した。
対応領域
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

大腸菌発現系を用いた糖結合タンパク質の大量精製

試験概要
Hisタグを付加した糖結合タンパク質を大腸菌発現系により発現させた。最適発現条件の検討後、ニッケルアフィニティクロマトグラフィーにより計 20 g のタンパク質を精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

昆虫細胞発現系およびコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いた酵素タンパク質の発現と精製

試験概要
目的タンパク質を昆虫細胞でバキュロウイルスとして発現させるベクタープラスミドを構築した。それを元に昆虫細胞発現系およびコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いて組換え酵素の発現および大スケール精製を行った。また、精製した組換え酵素と基質を用いた酵素反応試験を実施した。
対応領域
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

哺乳類細胞発現系、昆虫細胞発現系およびコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いた膜タンパク質の調製

試験概要
哺乳類細胞発現系、昆虫細胞発現系およびコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いて膜タンパク質を発現させた。膜画分を抽出し、ニッケルアフィニティクロマトグラフィーにより膜タンパク質を粗精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

昆虫細胞系およびコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いたタンパク質精製

試験概要
昆虫細胞発現系およびコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いて2種類の組換えタンパク質を発現させた。ニッケルアフィニティクロマトグラフィーによる精製後、ビオチン標識を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

AlphaScreenを用いたタンパク質間相互作用検出系の構築

試験概要
昆虫細胞発現系およびコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いて複数のタグを付加した2種類の組換えタンパク質を調製した。両者のタンパク質間相互作用を、AlphaScreenにより検出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

コムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いたGPCR合成および技術移管

試験概要
コムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いてリポソーム存在下でGPCRを合成した。リポソームに埋め込まれたGPCRを遠心により粗精製した後、界面活性剤によりGPCRを可溶化した。委託者の立会いのもとで試験を行うことで技術移管を実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

コムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いた点突然変異タンパク質300種類の調製

試験概要
アミノ酸点突然変異を導入した300種類のタンパク質をデザインし、変異体遺伝子ライブラリーを作製した。コムギ胚芽無細胞タンパク質合成系を用いて96ウェルプレート上にタンパク質アレイを構築した。合成したタンパク質はニッケルアフィニティクロマトグラフィーにより精製した後、活性測定試験に用いた。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

試作測定機器を用いた検体の解析

試験概要
委託者が開発した検体測定用試作機を搬入・設置し、長期間継続的に検体を測定することで試作機の評価データを取得した。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

検体からの細胞分離およびフローサイトメトリーによる解析

試験概要
検体から特定の細胞を単離し、得られた細胞についてフローサイトメトリーを用いて解析した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

哺乳類培養細胞からの酵素精製および活性評価検討

試験概要
標的酵素遺伝子を発現させた培養細胞からニッケルアフィニティクロマトグラフィーにより酵素タンパク質を精製した。精製した酵素に対してプロテアーゼを処理することで酵素を活性化した後、その酵素活性を測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

複数の検体および抗体を用いたウエスタンブロット解析

試験概要
10種類 の検体を対象として41種類の抗体を用いたウエスタンブロットを実施した。抗原タンパク質の検出を指標として抗体の評価を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

コンサルティング/技術調査

タンパク質の疎水性予測に関する調査

試験概要
タンパク質のアミノ酸配列情報から疎水性スコアを算出し、これを当該タンパク質を疎水性相互作用クロマトグラフィーに供した際の溶出時間の予測に利用するための方法について調査・検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

研究機関の研究の動向に関する調査

試験概要
調査対象となる素材に関する研究を実施している研究機関がこれまでに獲得した公的研究資金を調査することで、研究動向について検討した。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

機能性タンパク質の研究開発に関するコンサル

試験概要
植物性由来の機能性タンパク質の抽出・精製法や機能性評価方法に関する情報について文献・特許を調査し、提供した。
対応領域
  • 食品
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

配線基板に関する調査

試験概要
競合他社の登録特許に対して異議申立対応を行うための情報収集を目的として、先行文献や先願特許を調査した。
対応領域
  • 機器
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

蛍光物質の性能に関する調査

試験概要
依頼者の製品である蛍光物質の診断薬への応用を目的として、既存診断薬との直接・間接的性能比較による自社製蛍光物質の優位性の担保、抗体分子への化学修飾法について検討した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

シームレスカプセル関連特許の調査

試験概要
シームレスカプセルの製造装置、製法および用途に関する特許情報を収集するとももに、シームレスカプセルの市場規模について調査した。
対応領域
  • 機器
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

フロー合成に関する調査

試験概要
固定化触媒を用いた精密フロー合成おいて、触媒の種類、反応式、反応スケール、装置等に関する情報を論文から調査した。
対応領域
  • 機器
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

幹細胞の商業生産技術に関する技術調査

試験概要
委託者のシーズ技術のバイオ産業への転用検討の一環として、幹細胞の商業生産技術および知的財産権について調査した。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

機能性食成分に関する先行研究調査

試験概要
機能性表示食品の届出に必要とされる、目的の機能性成分の臨床試験に関する文献を調査した。
対応領域
  • 食品
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

次亜塩素酸含有錠剤の調製に関するコンサルティング

試験概要
次亜塩素酸含有錠剤の処方、製法について先願特許を調査した。また、弊社リサーチセンターにて調査した処方情報に基づいた検証試験を実施した。
対応領域
  • その他
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

酸化金属の表面修飾に関する調査

試験概要
酸化金属表面に有機化合物を固定するための方法について文献を調査した。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

高純度化技術を活用したビジネスの可能性調査

試験概要
委託者のシーズ技術である精製・高純度化技術の異分野へ転用検討の一環として、現行の化粧品成分の製法、不純物情報、安全性情報について文献調査を行った。
対応領域
  • 化粧品
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

マイクロ流路、ドロップレットに関する特許・文献調査

試験概要
マイクロ流路を利用した分析装置および診断デバイス、ドロップレットを利用したスクリーニング技術について特許・文献調査を行った。
対応領域
  • 機器
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

FTE医薬品成分の安定化剤に関する特許調査

試験概要
医薬品成分の安定化剤の種類、処方、保存安定性試験データを特許実施例から収集した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

褥瘡被覆材に関する調査

試験概要
エラスチンを用いた褥瘡被覆材に関する研究実績、製造実績に関して特許・文献調査を行った。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

化学合成殺菌水の食品添加物認可に関する調査検討

試験概要
化学合成殺菌水の添加物概要書の作成補助を行った。
対応領域
  • その他
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

わきが(腋臭症)に関する調査

試験概要
わきが(腋臭症)の専門家リストアップ、およびその専門家が著者となっている文献を調査した。
対応領域
  • その他
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

アフィニティーカラム担体に関する調査

試験概要
工業用アフィニティークロマトグラフィーの担体の種類およびリガンドの固定化方法について文献調査を行った。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

微粒子のカウント方法に関する調査

試験概要
ろ過後溶液中に含まれる微粒子をカウントする方法や装置について文献調査を行った。
対応領域
  • 機器
  • その他
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

ディスプレイフィルム関連特許調査

試験概要
ディスプレイに使用されているフィルムの種類について特許調査を行った。さらに使用されているフィルムが委託者の商品ラインナップのどの製品に該当するかについてカテゴライジング作業を行った。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

近赤外線吸収材料の探索・調査

試験概要
近赤外線吸収波長、可視光透過率、耐熱温度の各条件値をクリアできる材料について、文献・特許を調査した。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

乳酸菌培養法に関する先行技術調査

試験概要
乳酸菌の新規培養法に関する特許出願に際し、出願技術の新規性・進歩性を証明するために、既存の乳酸菌培養法に関する文献・特許調査を行った。
対応領域
  • 食品
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

製剤に含まれるビタミンB類の分析プロトコルの策定検討

試験概要
市販の分析カラムおよび分析プロトコルの調査を行った。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

パッキン技術の利用分野および種類に関する技術調査

試験概要
委託者のシーズ技術であるパッキン技術の異分野へ転用検討の一環として、異分野におけるパッキン技術の適用事例や開発動向に関する情報を収集するために、文献・特許を調査した。
対応領域
  • 機器
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

Digoxigenin およびビオチン結合ペプチドの合成

試験概要
スクリーニングへの使用目的で、Digoxigenin及びビオチンを結合させたペプチドを合成した。純度95%以上のペプチド、5 mgを納品した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

ポリマーA誘導体の合成検討

試験概要
特許を参考に、ポリマーA誘導体の合成方法の検討及び合成を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

FTE指定化合物の合成

試験概要
委託者提供の資料を基に、指定化合物の合成を行った。
原料1及び原料2は特許を参考に、5工程及び3工程で合成した。また、原料1と原料2を塩基性条件下で反応させて、指定化合物を合成した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

FTE指定化合物の合成及び条件検討

試験概要
指定化合物のサンプルを合成した。そして、その他の反応条件の検討を実施。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

低分子化合物の合成

試験概要
指定の低分子化合物の合成とエステル化を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

アミノアルコールの合成

試験概要
参考文献より、アミノアルコールの合成ルートの探索及び合成 (50g) を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成
  • コンサルティング/技術調査

受託合成

FTEアゾール化合物の合成

試験概要
FTE契約にて、アゾール化合物の合成を行った。
スケールアップを念頭に置いた合成方法の検討も行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

RAFT重合による共重合体のスケールアップ検討

試験概要
委託者提供の資料を基にRAFT重合による共重合体の合成を実施した。そして、スケールアップ条件を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

バイオ受託研究

尿検体のELISA解析

試験概要
提供いただいた436個の尿検体について、9種類の ELISA キットを用いて、標的タンパク質の濃度を定量した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

魚類用遺伝子発現ベクターの構築

試験概要
プロモーター、転写促進因子を各種組合わせ、魚類細胞において目的タンパク質を発現するプラスミドベクターを9種類、設計・作製し、提出した。
対応領域
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

核酸導入試薬の検討

試験概要
4種類の導入試薬を用いて、各種条件で細胞株に核酸を導入した。導入24、48時間後に細胞からRNAを抽出し、標的遺伝子Aおよび内部標準遺伝子Bの発現量をリアルタイムPCRで定量的に評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

培養細胞のmRNA発現解析

試験概要
ヒト線維芽細胞からRNAを抽出し、6種類の標的遺伝子の発現量をリアルタイムPCRで評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ウエスタンブロットによる抗体の確認

試験概要
委託者より提供された陽性対照となる細胞からタンパク質抽出液を調製した。そして、抗体Aおよび抗体B並びにβ-アクチンに対する抗体を用いたウエスタンブロットを行い、標的タンパク質が検出されるか否かを確認した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

リアルタイムRT-PCRによる遺伝子発現解析

試験概要
標的遺伝子に対するリアルタイムPCR (SYBR Green I) 用のプライマーを設計した。提供いただいたRNA中の標的遺伝子の発現量をβ-アクチンに対する相対発現量として定量的に評価した。
対応領域
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞

バイオ受託研究

組換え抗体の発現確認

試験概要
CHO系細胞を用いて3種類の組換え抗体の発現条件の検討を行った。そして、細胞培養上清中の組換え抗体の状態を還元/非還元のSDS-PAGE により解析した。
対応領域
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

プラスミドベクターの構築

試験概要
植物AのマイクロRNAをPCR増幅後にプラスミドへ挿入し、miRNA発現プラスミドを構築した。マイクロRNAの標的配列を合成後、ルシフェラーゼ発現プラスミドに挿入し、レポータープラスミドを調製した。
対応領域
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

プラスミドベクターの構築

試験概要
哺乳類細胞において、N末端側にFLAG配列を付加した目的遺伝子を発現するプラスミドベクターを構築した。その後、プラスミドをMini-prepレベルで調製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

培養細胞の薬剤処理と増殖評価

試験概要
提供いただいた3種類の培養プレート上で哺乳類細胞を培養した。2種類の増殖阻害剤をそれぞれ、段階希釈して添加し、その後の細胞増殖をMTSアッセイで評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞を用いた過酸化水素障害防御の検討

試験概要
正常ヒト新生児表皮角化細胞に対して、被験物質存在下で過酸化水素を添加し、培地交換後、DCFDA/H2DCFDA-Cellular ROS Assay Kitを用いて、過酸化水素の細胞透過度を評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞を用いた紫外線障害防御の検討

試験概要
正常ヒト新生児表皮角化細胞に対して、被験物質存在下で紫外線 (UVB) を照射し、生成される活性酸素種 (ROS) の量をDCFDA/H2DCFDA-Cellular ROS Assay Kitを用いて評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞を用いた過酸化水素障害防御の検討

試験概要
正常ヒト新生児表皮角化細胞に対して、被験物質存在下で過酸化水素を添加し、産生されるIL-1αの量をELISAにて評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞を用いた紫外線障害防御の検討

試験概要
正常ヒト新生児表皮角化細胞に対して、被験物質存在下で紫外線 (UVB) を照射し、産生されるプロスタグランジンE2 (PGE2) の量をELISAを用いて評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞を用いた紫外線障害防御の検討

試験概要
正常ヒト新生児表皮角化細胞に対して、被験物質存在下で紫外線 (UVB) を照射し、一酸化窒素 (NO) の量をQuantiChrom Nitric Oxide Assay Kit を用いて評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞を用いた紫外線障害防御の検討

試験概要
正常ヒト新生児表皮角化細胞に対して、被験物質存在下で紫外線 (UVB) を照射し、IL-1αの産生量をELISAにて評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

サザンブロット解析

試験概要
プローブ 4 種類、陽性対照プローブ 1 種類を調製し、ゲノム DNA 1 検体を対象としたサザンブロット解析を実施し、4 種類のプローブによる検出の可否を評価した。プローブ 2 種類については、ゲノム DNA 中に対応配列がないため、それぞれ対応するプラスミドをゲノム DNA に混合することにより、プラスミド由来のシグナルを検出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

ELISAによるタンパク質濃度の測定

試験概要
200検体に含まれるタンパク質Aの濃度をELISAを用いて測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

HTRFによるタンパク質-タンパク質結合の評価系の構築

試験概要
タンパク質A-タンパク質Bの結合をHTRFにより測定するアッセイ系を構築するため、大腸菌発現系でGST標識タンパク質Aを発現、精製した。精製したタンパク質Aを各種バッファーに溶解させ、市販品のタンパク質Bと組合せ、HTRFでの反応条件を至適化し、HTSの実施を前提としたアッセイ系を確立した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

化合物のタンパク質-タンパク質結合阻害能の評価

試験概要
タンパク質A-タンパク質Bの結合をHTRFにより測定するアッセイ系を用いて、7種類の化合物の結合活性に与える影響を評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

被験物質の細胞増殖に与える影響の評価とRNAの調製

試験概要
5種類の被験物質をヒト乳がん細胞株に添加し、WSTアッセイを行い、被験物質の細胞増殖に与える影響を評価した。また、マイクロアレイによる発現解析を行うため、被験物質を添加した細胞からRNAを抽出、精製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子
  • 細胞

バイオ受託研究

細胞への遺伝子導入と細胞サンプルの調製

試験概要
提供された細胞に3種類のプラスミドをそれぞれ、リポフェクションにより導入した。その後、細胞を回収し、ホルマリン固定を行い、提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

核酸の解析

試験概要
PCRにより調製した2本鎖DNAと提供いただいた物質を指定の条件で反応させ、その反応産物をPAGEにより解析した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

核酸類縁体の解析

試験概要
提供いただいた核酸類縁体を各種濃度の核酸分解酵素で処理し、その後、HPLCにより分解の程度を解析した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

細胞凍結ストックの調製

試験概要
提供いただいた細胞を拡大培養し、凍結ストック (>1x10^6 cells/vial x 14本) を調製した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

菌サンプルの調製

試験概要
4種類の菌類を培養し、加熱により不活性化後、指定の菌濃度に調製し、提出した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

培養細胞を用いた副腎皮質ホルモンの分泌評価

試験概要
培養細胞に被験物質を添加し、分泌された副腎皮質ホルモンをELISAにて測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

健康食品成分がC2C12筋細胞のエネルギー産生関連遺伝子に与える影響の評価

試験概要
被験物質が筋肉の発達・成長に及ぼす効果を検討するために、C2C12細胞の分化におけるエネルギー産生関連遺伝子の発現量を調べた。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

被験物質によるアルコール代謝関連酵素の活性化評価

試験概要
アルコール代謝の関連酵素を用いて酵素活性を指標にした被験物質のスクリーニングを実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

培養細胞を用いた食欲関連因子分泌量の測定及び細胞毒性評価

試験概要
被験物質を培養細胞に添加した際の食欲関連因子の分泌促進効果を調べた。食欲関連因子はAlphaLISAにて測定した。同時に、被験物質を培養細胞に添加した際の細胞傷害性を測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

食欲関連シグナルに関する文献調査

試験概要
食欲抑制に関わる因子の作用機序を調査しレビューを作成した。
対応領域
  • 食品
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

血液からの細胞分離および分離細胞におけるサイトカイン産生評価

試験概要
血液から細胞を分離後、被験物質を添加して一定期間培養し、ELISAにてサイトカインを測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

培養細胞を用いたストレス関連ホルモン受容体の発現量測定

試験概要
培養細胞に植物エキスを添加し、ストレス関連ホルモン受容体のmRNA発現量をリアルタイムPCRにて評価した。
対応領域
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

リアルタイムPCRによる遺伝子発現解析

試験概要
cDNA 230種についてSYBR Green I を用いたインターカレーション法にて計3,720検体のリアルタイムPCRを実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

変形性関節症関連酵素に対する化合物の阻害活性評価

試験概要
変形性関節症の関連酵素に対する阻害剤の評価 (IC50の算出) を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

被験物質による補体活性の阻害作用

試験概要
SDS-PAGEによる補体活性評価系を構築し、活性化阻害剤の評価 (IC50の算出) を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

培養細胞を用いた脂肪蓄積阻害剤の評価

試験概要
培養細胞にて脂肪蓄積を誘導し、蓄積に対する阻害剤の評価 (IC50の算出) を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

マウス肝臓を用いたアルコール代謝関連酵素の活性評価

試験概要
マウスに被験物質を経口投与した後、肝臓中のアルコール代謝関連酵素の活性を測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 動物実験

バイオ受託研究

細胞培養上清中のサイトカイン評価

試験概要
細胞培養上清中に含まれるサイトカインをメンブレン抗体アレイ及びELISAにて評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

皮膚線維芽細胞の老化モデルの作製

試験概要
皮膚線維芽細胞の老化モデルを作製し、標的遺伝子発現量をリアルタイムPCRにて正常細胞と比較した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

化粧品素材を添加した際のメラノサイトにおけるメラニン産生量測定

試験概要
メラノサイトに植物エキスを添加し、メラニン量を測定することでメラニン産生抑制効果を評価した。
対応領域
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

神経初代培養を用いた代謝評価系の構築

試験概要
マウスの大脳皮質から神経細胞およびアストロサイトを単離、共培養した。被験物質添加後の各種代謝量を測定し、代謝評価系として機能することを確認した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

血漿中の血圧降下関連因子評価

試験概要
血漿中の血圧降下関連因子をELISAにて測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

siRNAによる標的遺伝子のノックダウン及び関連遺伝子のmRNA量の評価

試験概要
培養細胞を用い、siRNAによる標的遺伝子のノックダウンを行い、関連遺伝子のmRNA量をリアルタイムPCR (TaqMan法) にて評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

化粧品素材の抗酸化作用及び抗菌作用の評価

試験概要
植物エキスの抗酸化能を評価し (Trolox等価活性)、抗菌作用 (IC50) を評価した。
対応領域
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

プロモーターレポーターアッセイによる被験物質のスクリーニング

試験概要
癌細胞株にレポータープラスミドを導入しプロモーターアッセイ系を構築した後、約300種の被験物質について、プロモーター活性への影響を評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

素材の触り心地評価

試験概要
開発素材の触り心地についてモニターを募集し、触感に関するワードにて評価軸を設定し官能評価を実施した。
対応領域
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

血液サンプルに含まれるステロイドホルモンの定量

試験概要
血液から血清を調製しELISAにてステロイドホルモンを測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

軟骨細胞におけるII型コラーゲン及び滑膜細胞に炎症性サイトカイン評価

試験概要
関節炎に関連して、軟骨細胞におけるII型コラーゲン及び滑膜細胞における炎症性サイトカインをELISAにて定量した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

レポーター細胞を用いた開発素材の評価

試験概要
ルシフェラーゼを発現するレポーター細胞を用いて、開発素材の細胞への効果を定量的に評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

ペプチドを認識するアプタマーのスクリーニング

試験概要
SELEXにより標的ペプチドを認識するアプタマーのスクリーニングを行い、次世代シークエンスにより塩基配列を決定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

化合物が低酸素条件下での細胞増殖や代謝に与える影響

試験概要
癌細胞株に化合物を作用させ、通常培養条件下と低酸素培養条件下で細胞増殖を比較した。また、培養上清中の低分子化合物をHPLCにより測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

C2C12分化に被験物質が与える影響

試験概要
被験物質が筋肉の発達・成長に及ぼす効果を検討するために、C2C12細胞の分化におけるミトコンドリア量の変化に与える影響を検討した。
対応領域
  • 食品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

Strepタグ融合タンパク質の精製検討

試験概要
分泌タンパク質AのStrepタグ融合タンパク質を哺乳類浮遊細胞で発現させ、培養上清からStrepTactinアフィニティー精製を行った。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

FLAGタグ融合酵素の精製検討

試験概要
ヒトの酵素のFLAGタグ融合タンパク質を哺乳類浮遊細胞で発現させ、アフィニティー精製を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

FLAGタグ融合酵素のゲルからの切り出し

試験概要
化合物がヒト酵素の翻訳後修飾に与える影響を検討するために、FLAGタグ融合タンパク質を哺乳類浮遊細胞で発現させ、アフィニティー精製後、SDS-PAGEにより分離し、目的タンパク質のバンドを切り出し提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

FLAGタグタンパク質の精製

試験概要
ご提供頂いた細胞溶解液5種を用いて、FLAGタグ融合タンパク質のアフィニティー精製を行った。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

ハイブリドーマの培養と抗体精製

試験概要
試験委託者よりご提供いただいたハイブリドーマの拡大培養・凍結ストックの作製を行った。また、培養上清150 mLを用いて、Protein Gセファロースにより、抗体を精製した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

抗体精製

試験概要
試験委託者よりご提供いただいた、20種のハイブリドーマ培養上清1Lずつから、Protein AセファロースあるいはProtein Gセファロースを用いて、抗体の精製・透析・濃縮を行い、納品した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞株のヒアルロン酸産生測定

試験概要
増殖因子刺激によるヒト表皮角化細胞株のヒアルロン酸産生アッセイ系を確立するために、ELISAにより増殖因子量依存性を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

ヒト表皮角化細胞株の細胞増殖測定

試験概要
増殖因子刺激によるヒト表皮角化細胞株の細胞増殖アッセイ系を確立するために、WST-8により増殖因子量依存性を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

ブルーライト照射培養試験

試験概要
被験物質がブルーライトからの保護効果を有するかを検討するために、正常ヒト成人皮膚由来繊維芽細胞および正常ヒト成人表皮由来角化細胞を用いて、LED照射実験を行った。LED照射下で、被験物質が細胞増殖やサイトカイン産生に与える影響を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

被験物質が血管内皮細胞のNO産生に与える影響

試験概要
食品原材料から抽出した分離画分5種が血管機能改善効果を示す可能性があるか検討するために、ヒト臍帯静脈内皮細胞のNO産生に与える影響を、Griess試薬を用いて測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化粧品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

翻訳開始因子複合体プルダウンアッセイ

試験概要
抗癌剤の候補化合物が、癌細胞株の翻訳開始因子の複合体形成に影響を与えるかを、プルダウンアッセイにより検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • 創薬スクリーニング

バイオ受託研究

細胞増殖試験

試験概要
抗癌剤の候補化合物が、癌細胞株の増殖に与える影響を検討した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

各種刺激によるターゲットタンパク質リン酸化の検出

試験概要
ヒト線維芽細胞の初代培養を用い、各種刺激によるAkt、Stat3、Stat6のリン酸化を、各リン酸化タンパク質特異的抗体を用いたウエスタンブロッティングにより検出した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

IL-4刺激によるターゲットタンパク質リン酸化に対する阻害剤の検討

試験概要
ヒト線維芽細胞の初代培養を用い、IL-4刺激によるターゲットタンパク質のリン酸化を、各リン酸化タンパク質特異的抗体を用いたウエスタンブロッティングにより検出した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞

バイオ受託研究

エクソソーム回収用の培養上清の調製

試験概要
癌細胞株を、10枚のT-225フラスコに拡大培養し、無血清培地に置換後2日間培養し、培養上清を回収・清澄化し、提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

CO2濃度8%下での細胞培養

試験概要
ご提供頂いた哺乳類細胞をCO2濃度8%下で振とう培養し、凍結細胞ストックの作製、および1 Lの培養上清の調製を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

酵母ジャーファーメンター培養における培地・環境の条件検討

試験概要
酵母の培養における、各種培地や環境の条件を最適化するため、20条件に付いて、細胞密度、酸素濃度、pH、分泌ペプチドの測定を経時的に10時間ずつ行った。
対応領域
  • 機器
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • 細胞
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

癌細胞株のミトコンドリアタンパク質検出

試験概要
抗癌剤の候補物質が、癌細胞株のミトコンドリア機能に与える影響を検討するために、ミトコンドリア構成タンパク質3種の発現をスウエスタンブロットにより検出した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

ウエスタンブロット解析

試験概要
ご提供頂いた細胞溶解液のタンパク質濃度を測定し、一定量のタンパク質溶液について6種類の抗体でウエスタンブロットを実施し、各タンパク質の産生量を比較検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

JNKのリン酸化レベル解析

試験概要
ご提供ただいた組織サンプルを可溶化し、タンパク質濃度を測定した。一定量のタンパク質溶液について、抗JNK抗体と抗リン酸化抗体によるウエスタンブロッティングを行い、JNKのリン酸化レベルを比較した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

PCR装置の評価

試験概要
PCR装置の新製品の評価を行うために、連続ランによる安定性や気密性の確認を行った。
対応領域
  • 機器
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

チューブ製品の品質評価

試験概要
細胞研究用製品のエンドトキシンフリーを検証するために、エンドトキシン活性を測定した。
対応領域
  • 機器
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

ブタ皮膚の加工

試験概要
ブタ皮膚の皮下脂肪を取り除いた後、電動ダーマトームを用いて、ご指定の厚さに加工し、提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • 動物実験

バイオ受託研究

ブタ皮膚の加工

試験概要
ブタ皮膚の皮下脂肪を取り除いた後、電動ダーマトームを用いて、ご指定の厚さに加工し、提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 化粧品
関連技術
  • 動物実験

バイオ受託研究

FTE微小電極アレイ法による光刺激依存的な神経細胞の活動記録

試験概要
被験物質が光刺激依存的な神経活動に与える影響を検討するために、マウスから生体切片を調製し、微小電極アレイ法のより神経細胞の活動を測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 細胞
  • 動物実験

バイオ受託研究

マウスへのDNAワクチンの接種

試験概要
マウスの大腿筋にエレクトロポレーション法によりDNAワクチンを接種した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子

バイオ受託研究

細胞培養関連製品の細胞毒性評価

試験概要
提供いただいた開発中の細胞培養関連製品を用いて細胞を培養し、細胞増殖をWST assayで測定し、細胞毒性を評価した。
対応領域
  • 機器
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

ラットを用いた薬剤及び甘味剤の嗜好性評価

試験概要
苦味を示す薬剤を服用時に飲みやすくなるよう甘味剤を添加するため、その添加比率をラットを用いた嗜好性試験により評価した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • 動物実験

バイオ受託研究

漢方薬からの低分子化合物精製法の検討

試験概要
沈殿法による漢方薬に含まれる低分子化合物の分離法を検討した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化学・材料
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

植物由来トリグリセリドの精製

試験概要
植物由来のトリグリセリドをHPLC純度95%以上で精製した。
対応領域
  • 食品
  • 化学・材料
  • 化粧品
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

ウィルス検出デバイス創成のための調査

試験概要
ウイルスデバイスを創成するための検出方法に関する調査を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

漢方エキス製剤の固液抽出

試験概要
市販漢方エキス製剤について、有機溶剤を用いての抽出作業を実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • 天然物精製

バイオ受託研究

タンパク質の安定性評価法の検討

試験概要
デバイスに固相化する予定のタンパク質2種類について、温度条件を振って14日間の保存を行った。保存過程における各タンパク質の経時的な活性低下をELISA及び既知の酵素活性測定系によって追跡した。試験に用いる温度条件は、24時間の先行試験を参考とし、Arrhenius plotによって決定した。
対応領域
  • 機器
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

各種バッファー条件中におけるタンパク質の保存安定性の評価

試験概要
精製タンパク質を様々なpH、塩濃度及び添加剤存在下、複数の温度条件下で4週間保存し、タンパク質の性状の変化(分解、多量体形成)をSDS-PAGEによって解析した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

ポリマーとタンパク質の複合化及び安定性解析

試験概要
委託者の開発品であるポリマーとタンパク質を複合化させ、複合化率及び複合化条件下でのタンパク質の安定性を分析した。
対応領域
  • 医薬
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

バイオ受託研究

新規モジュールを用いたタンパク質濃縮試験

試験概要
委託者の開発品である膜モジュールを用いてタンパク質を濃縮し、濃縮効率及び回収率、濃縮前後におけるタンパク質の安定性を解析した。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
関連技術
  • タンパク質/ペプチド

コンサルティング/技術調査

機能性材料の入手可否調査

試験概要
製品の設計目標に見合う複数の要求特性を満たす材料の有無について、有機材料、無機材料を問わず広く調査した。既存製品や開発品についてはメーカより情報収集を行うとともに、技術文献(論文、国内・海外出願特許)より技術的に可能であるかの調査を行った。調査当時に入手できる材料(見込みを含む)では全ての特性を満足することは叶わなかったものの、有望ないくつかの研究開発情報があったため、その研究機関と技術情報を報告した。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

高分子材料のベンチマーク調査

試験概要
機能性高分子材料の研究開発の方向性の判断材料とするために、高分子材料に関する既存技術のベンチマーク調査を行った。市販材料、特許、論文を調査し、各技術の特徴について整理した。市販材料のカタログ値、特許や論文から収集した物性値については、マッピングを行った。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

高分子材料の用途調査

試験概要
政府や公的機関の発行する白書、報告書、研究開発戦略、論文や特許といった技術文献、各企業の研究開発動向等の公開情報を調査した。高分子材料の現在の課題、将来ニーズを整理して、研究開発のターゲットとする用途を提案した。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

高分子材料の分析手法のコンサルティング

試験概要
高分子材料から極微量の溶出物があり規格NG。その溶出物を特定したいものの、委託者は高分子材料についての知見が少ないため苦労されていた。そこで、高分子材料の材料配合や製造プロセスに関する豊富な知見と、技術情報調査の結果から、溶出物の候補をリストアップし、効果的な分析手法を提案した。外部分析機関に分析の協力を仰ぎ溶出物を特定し、その結果より溶出物の混入ルートを特定できた。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

高分子材料の表面処理のコンサルティング

試験概要
豊富な表面処理加工技術の知見をもとに、高分子材料の表面処理に関する技術相談に応じた。毎週1回のミーティングでは、簡易な技術調査を踏まえて材料やプロセスを提案し、委託者での実験結果に対する提言を行った。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

コンサルティング/技術調査

3Dプリンティングの技術動向調査

試験概要
ある成形品の3Dプリンティングに関する海外の研究開発動向について、公開情報、論文、特許などを調査し、進捗状況、課題、材料やプロセスの特徴について報告書にまとめた。
対応領域
  • 化学・材料
関連技術
  • コンサルティング/技術調査

バイオ受託研究

被験物質による破骨細胞分化抑制試験

試験概要
RAW264.7細胞から破骨細胞誘導する系を用い、被験物質の破骨細胞分化抑制作用を評価した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
関連技術
  • 細胞

バイオ受託研究

40残基グルタミン酸ペプチドの合成

試験概要
固相合成法で40残基ポリグルタミン酸ペプチドを合成した。HPLC純度で98%以上のペプチドを5 mg、納品した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

無機有機ハイブリッドコート剤のラボスケール合成

試験概要
指定のレシピで無機有機ハイブリッドコート剤のラボスケール合成を2バッチ実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

受託合成

指定機器を用いた選択的有機化学反応の研究

試験概要
化学反応の制御に対する委託者指定の機器の効果を検証することを目的とし、新しい反応系の構築の為の調査・実験・検討を行った。
対応領域
  • 医薬
  • 機器
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成
  • コンサルティング/技術調査

受託合成

光沢剤の定量分析

試験概要
提供サンプルに含まれる光沢剤の含有量の分析方法の調査及びHPLC / UV分析法により測定した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
  • 化粧品
関連技術
  • 有機合成
  • コンサルティング/技術調査

受託合成

市販品調査と化合物の合成

試験概要
市販品から類縁化合物を推測し、合成ルート探索及び、合成を実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 食品
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
  • 化粧品
関連技術
  • 有機合成

受託合成

7-ACA誘導体の合成

試験概要
7-ACA誘導体を3化合物合成した。合成方法の探索及び検討も実施した。
対応領域
  • 医薬
  • 化学・材料
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 有機合成

バイオ受託研究

プラスミドベクターの構築

試験概要
哺乳類細胞において、1) 目的遺伝子Aの野生型、2) 目的遺伝子Aにアミノ酸変異を導入したものを、それぞれ発現させるプラスミドベクターを構築した。そして、トランスフェクション用のプラスミド調製を行い提出した。
対応領域
  • 医薬
  • 大学・研究機関
関連技術
  • 遺伝子