埼玉リサーチセンターでは有機化合物の合成を中心に研究開発の支援をしており、医薬・試験研究用試薬、有機電子材料、新素材などの既知、未知問わず化合物の合成および合成ルートの探索から対応しております。また、合成のみでなく材料の評価、分析など当社設備で対応可能な各種実験も企画から実施まで対応しております。

特徴

  • ● 実験プロセスを週単位で報告、共有します。
  • ● ネガティブなデータも含めて報告します。
  • ● mg単位〜1kg程度の合成に対応できます。
  • ● 電子材料に含まれる金属除去(10ppb以下まで)の対応が可能です。
  • ● 納品時はサンプル+業務報告書及び分析データを提出し、業務報告会を実施します。
  • ● 各種調査や実験方法の企画から対応可能です。
  • senter1
センター長
秋山 良(薬学博士)

専門は有機合成化学。東京大学小林修教授のもと有機合成化学について研鑽を積み、学位取得後は海外留学(英国、ケンブリッジ大学)にて天然物合成を学ぶ。帰国後は再び小林修教授と共に、企業との共同研究並びに後進の指導を行う。当社入社後は山梨大学燃料電池ナノ材料研究センターにおいて6年間NEDOプロジェクト(経産省)並びにCRESTプロジェクト(文科省、JST)に従事し、2018年より現職。

Akiyama, Ryo; Yokota, Naoki; Nishino, Eriko; Asazawa, Koichiro; Miyatake, Kenji/ Anion Conductive Aromatic Copolymers from Dimethylaminomethylated Monomers: Synthesis, Properties, and Applications in Alkaline Fuel Cells. Macromolecules, 2016, 49, 4480-4489.
Akiyama, Ryo; Hirayama, Daigo; Saito, Masaki, Miyake, Junpei; Watanabe, Masaharu; Miyatake, Kenji/ Proton conductive aromatic block copolymers from a new bistriazole monomer. RSC Advances, 2013, 3, 20202-20208.
Akiyama, Ryo; Matsuki, Norio; Nomura, Hiroshi; Yoshida, Hisao; Yoshida, Tomoko; Kobayashi, Sh?/ Nontoxic, nonvolatile, and highly efficient osmium catalysts for asymmetric dihydroxylation of alkenes and application to one mol-scale synthesis of an anticancer drug camptothecin intermediate. RSC Advances, 2012, 2, 7456-7461.

技術顧問 加藤 淳一
技術顧問
加藤 淳一(理学博士)

専門は有機化学。 東京大学向山研究室の門下生として有機合成技術を研鑽し、青山学院大学、野口研究所、東京農工大学における研究活動及び後進の指導等を経て、当社入社後2006年より現職。

Kato, Jun-ichi; Ito, Masato M; Hagino, Kazuomi; Naitoh, Narumi; Misaka, Makoto; Fujishiro, Einosuke; Endo, Tadashi/ Unusual Concentration-Rate Profiles for Oxidation of a Pair of Associationg Thiols. Bulletin of the Chemical Society of Japan, 61, 1419-1421,1988.
Kato, Jun-ichi; Suzuki, Toshikazu; Takagi, Shiro; Endo, Tadashi/ Specific Group-Group Interactions: Determination of The Enthalpies of Specific Group-Phenyl Interactions by Gas-Liquid Partition Chromatography. Journal of the Chemical Society,
Chemical Communications, 1989, 507-509.
Kato, Jun-ichi; Ito, Masato M; Tsuyuki, Miho; Shimizu, Shoji; Kainami, Yoshikatsu; Inakuma, Takashi; Matsuoka, Harumitsu; Isago Takashi, Takashi; Tajima, Koki; Endo, Tadashi/ A Novel Parameter (SI) for Three-dimensional Shape Similarity between Groups: Correlaton with Molecular Recognition and Biological Activity. Journal of the Chemical Society, Perkin Transactions 2: Physical Organic Chemistry, 1991, 131-136.

対応領域

機能性化学品分野|電池材料、電子材料、半導体材料、医療用材料…など
13
  • ● 電極触媒、電解質材料(膜/バインダー)の合成
  • ● 導電性ポリマー材料の合成および評価
  • ● 機能性材料(有機無機ハイブリッド材料)の合成
  • ● 医療用向け材料のコンパウンディング化
  • ● 材料の複合化(アロイ化)
  • ● 機能性フィルム(導電性フィルム、ガス分離膜)の作製および評価
医薬品分野|医薬中間体、天然有機化合物、糖質化合物、ペプチド化合物…など
23
  • ● 医薬中間体、天然有機化合物および 誘導体の合成
  • ● ペプチド化合物、糖質化合物、植物由来化合物の合成
その他|石油由来化合物、化学標準品および標識体…など
33
  • ● 有機色素材料、石油由来化合物の合成
  • ● 安全性試験用サンプルの合成および精製
  • ● 標識化合物中間体の合成
主な設備・機器

三ッ口セパレート型フラスコ(最大容量10L)/四ッ口セパラレート型フラスコ(最大容量5L)/バーコーター(10μ~50μ)/ドラフト4基/ウォークインドラフト1基/オートクレーブ3L(SUS製5気圧対応)、500mlおよび200ml(SUS製100気圧対応)/クロマトカラム(最大Φ100㎜×長さ1000㎜)/凍結乾燥機(EYELA:FDU-1200)/真空乾燥機/分取用中圧カラム(山善:YFLC AI-580)/オイル回転真空ポンプ(1mmHg)/真空ライン/吹付式試験管濃縮装置(東京理化MGS-2200H)/昇華精製装置(桐山製作所200ml、4ml)/蒸留塔(桐山packなど)

主な分析機器

HPLC(Waters:Allance HPLC SYSTEMS)/ UPLC-MS(Waters:ACQUITY UPLC H-CLASS+QDa SYSTEMS)/ GC(GLサイエンスGC-4000 Plus)/NMR(500MHz,300MHz)(BRUKER AVANCE500,300)/FT-IR(Perkin-Elmer SYSTEM2000)/ GC-MS(JEOL JMS700AM)/LC-MS(島津 LCMS-2020)/TOF-MS(AutoflexIII)/XRD(BRUKER D2 PHASER)/GPC

検索ソフト

Reaxys(リアクシス)