環境への悪影響を低減する技術やクリーンな新エネルギーの研究開発を通じて社会に貢献しています。

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals;SDGs)における環境・エネルギー関連分野の目標実現に向けて世界中で様々な取り組みが行われています。日本でも温室効果ガス排出の削減や自動車政策やエネルギー政策などを中心とした脱炭素社会の実現のために、数多くの研究・開発が行われています。環境に配慮した次世代エネルギーや石油に依存しないバイオマスなどの研究開発のスピードアップに貢献しています。

循環型社会を実現すべく、人間生活における様々な活動で生み出される有害汚染物質の低減や、自然生態系の破壊を最小限に抑える取り組みは、地球環境を維持するために必要不可欠です。一方で膨大なコストアップにつながるような施策はビジネス環境を悪化させてしまいます。

環境配慮型の研究課題としては、化学汚染物質の低減、植物や微生物などによる浄化システムの構築、再生可能エネルギーの開発、廃棄物の資源化技術の開発、生産システムの効率化など、環境に調和した新たな課題があります。

グリーンケミストリー(サスティナブルケミストリー)に代表されるバイオマスを原料とした合成,リサイクル可能な触媒の開発,水やイオン性液体,フッ素溶媒中などでの反応開発,エネルギー・資源効率の高い天然物や医薬中間体の合成や水素エネルギー、太陽電池、燃料電池、環境浄化システム、バイオレメディエーションなど環境配慮型の研究開発において、テクノプロ・R&D社の技術力とアイデアで最適化を提案します。

支援分野の例

  • ● 水素貯蔵、電気分解試験、セルスタックの評価などの水素エネルギーシステムの研究開発
  • ● 車載用燃料電池における先行技術調査、部材開発、試作作製および評価業務
  • ● バイオマス原料の有用化学品合成における新規触媒開発
  • ● 建材用光触媒、高機能触媒などの研究開発
  • ● 太陽電池、燃料電池、熱電変換デバイスなどの研究開発