ライフサイエンス分野のスキルやノウハウで研究開発業務をスピードアップします。

ライフサイエンス分野のスキルやノウハウを持つ研究者がお客様の研究機関に常駐し、研究開発業務を直接ご支援させて頂くことで、業務のスピードアップをお手伝いいたします。

従来の医療は疾患ベースとなっており、画一的な治療法が選択されてきましたが、昨今では、病気の原因や病態について遺伝子や蛋白など分子レベルでの解明が進み、同一の疾患でも患者一人ひとりに合った“個別化医療(テーラーメード医療)” にシフトしています。

この原動力となっているのが、iPS細胞を使った医薬品、抗体医薬品、あるいはペプチド医薬品に代表されるバイオ医薬品であり、製薬企業における研究開発の主テーマでもあります。また、予防・診断ビジネスへの異分野企業の参入や、大学が研究した技術やノウハウなどを民間の中堅企業などに移転させ、新しい産業を育成するバイオクラスターでの研究開発など、ライフサイエンス分野におけるターゲットやアプローチの多様化も期待されています。

このような目まぐるしい環境におかれる製薬企業の研究開発においては、エピゲノム診断、ビッグデータ解析技術などの技術革新を通じ、研究コストを抑制しつつもイノベーションを推進することが必要不可欠です。

テクノプロ・R&D社の技術サービスは、近年、更なる重要性を示す基礎研究分野、あるいは、医療・医薬品・医療機器等の分野における応用研究分野を問わず、多岐にわたるライフサイエンス領域にて、お客様の研究プロセスの効率化に大きく貢献しています。

支援分野の例

  • ● 各種医薬品の研究開発業務
    • 合成技術あるいはバイオ技術を用いた新規物質創製、構造決定・特性解析、理化学試験、薬理試験、毒性試験、薬物動態試験、製剤化検討、規格・試験方法検討、安定性試験、臨床試験(モニタリング、品質管理、データマネジメント、品質保証等
  • ● 人工多能性幹細胞(iPS細胞)、再生医療製品(ヒト細胞加工製品)等に関する研究業務
  • ● 各種細胞の培養、試験、評価、解析などの安全性評価業務
  • ● 分子シミュレーション、化合物データベース解析などのインフォマティクス業務
  • ● 医療機器・体外診断用医薬品の研究開発業務
  • ● 化粧品、特定保健用食品等の研究開発業務