有機・無機化学、高分子化学などの分野で新たな事業や材料を生み出すご提案を行います。

有機・無機化学、高分子化学、電気化学などの基盤専門技術をベースとした、新たな事業創出や新規材料開発における経験やアイデア、技術力をご提案しています。

科学技術におけるマテリアル領域の研究開発は、複数の領域に横断的に活用され、多様な業界(機械・自動車・化学/資源・エネルギー/電気・電子機器・情報・サービス/医療・医薬品・化粧品・食品等)を支える基盤的な役割を担っています。

省エネルギーや新デバイスの創出、構造を精密に制御する製造技術など、次世代材料の高機能化・高付加価値化の競争は激化しています。また、それと同時に環境負荷の低減や低コスト化なども兼ね揃えたミッションを達成していかなければならない時代になっています。機能の向上のみを追求した従来型の研究開発では国際競争に勝ち残っていくことは不可能だと言われています。

日本においても、世界に勝る革新的な材料開発を目指し、様々な推進戦略プロジェクトが進められています。テクノプロ・R&D社の技術力は、産業競争力の向上に貢献するべく、顧客先が抱える課題解決に、これまでにない新しい材料開発手法の開拓をはじめ、高い専門性をもって高度化・加速化の実現に取り組みます。

支援分野の例

  • ● 新規樹脂材料の配合検討および物性評価
  • ● 磁性材料の高性能化および新材料開発・評価業務
  • ● 自動車関連部品の性能評価業務
  • ● 反応触媒の設計と利用技術の開発
  • ● ナノデバイス材料の研究開発
  • ● リチウムイオン電池の正・負極および電解液組成開発
  • ● プリンテッドエレクトロニクス材料の開発
  • ● 創薬における構造活性相関研究および誘導体の合成
  • ● 化粧品・食品の添加剤開発