「スーパーテレワーク・コンソーシアム」が発足 ~人の動きの制約下においても、企業活動を活性化し、持続可能な社会システムを目指す~

2021.07.15

テクノプロ・グループがさくらインターネット株式会社、株式会社デジタルツインズ、株式会社ブロードバンドタワー、静岡県駿東郡長泉町と共同で参画する「スーパーテレワーク・コンソーシアム」が、先般4月1日に一般財団法人インターネット協会内の組織である「IoT/AI時代におけるオープンイノベーション推進協議会(OIC)」傘下に正式に発足しましたので、お知らせいたします。

本コンソーシアムは、実社会システムを物理的な制約を受けないサイバー空間上に置き換えることを目的としています。本コンソーシアムにおいてフォーカスする主な分野は、産業(主に製造業)/教育/行政/金融で、その他の分野にも射程を置いています。
新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、オフィスに大人数が集合する働き方から、自宅や地方拠点で分散し、非対面での働き方へとワーキングスタイルが変化しました。本コンソーシアムでは、新しいワーキングスタイルにおける物理的な労働環境の整備とクラウド上に構築した複数企業が利用可能な仮想社会システム「スーパーテレワーク・プラットフォーム」を定義し、企業間での共創・協働を前提とした、新たな働き方の確立を目指します。

コンソーシアムの詳細および賛同企業の調査活動・検討の状況などに関する詳細は添付PDFをご覧ください。

「スーパーテレワーク・コンソーシアム」が発足 ~人の動きの制約下においても、企業活動を活性化し、持続可能な社会システムを目指す~(PDF形式)