株式会社テクノプロ

マニュファクチュアリング・その他製造DX

AI自動外観検査システム

AI技術を活用した自動外観検査システムで目視による外観検査を省人化しコストと手間を低減

これまで、精密部品や自動車部品などの製造工程において、良品・不良品の判定を精度高く行うためには、人間の鋭敏な感覚に頼って検査が行われてきました。

しかし、製品の多様化や製造プロセスの短期化が急速に進む昨今、AIなどの技術を用いた手法が人間の五感による検査の効率を大きく凌駕するようになっています。

テクノプロでは、「部品の画像・動画データをインプットとしたディープラーニングによる良品・不良品の判定」及び「欠陥箇所の検知等の推論モデルの構築」により、検査工程を自動化するAI自動外観検査システムの導入を支援しています。

AI自動外観検査システムで不良品の流通リスクを大幅に低減

外観検査において、以下のような課題をお持ちのお客さまは多いのではないでしょうか。

  • 製造数量を増やしたいが、外観検査をする人員や場所がボトルネックとなっている
  • 検査員の経験値によって検査品質にブレが発生するため、多段階検査を実施して対応している

このような課題に対して、テクノプロでは以下の施策により、不良品の流通リスクを低減。また、コスト削減・スピード化も同時に実現していきます。

  • 課題抽出と要件定義の実施
  • 自動車部品インバータ回路基板の検査データをお客さまから受領
  • 統計的手法や機械学習手法を調査・検討することで、閾値算出ロジックを構築
  • 受領データセットに対して、特徴量の選択・作成/欠損値の処理/可視化などの前処理を実施
  • 受領データセットを用いることで、閾値算出ロジックで必要となるパラメータを調整
  • 閾値算出ロジックプログラムによるモデル構築
  • 構築したロジックに対して精度を算出し、分析評価を実施
  • 分析結果をもとに、現段階での作業報告と今後の方向付けを再度実施
  • AIによる外観検査を体系的に学ぶことができるワークショップも提供

AI自動外観検査システムで用いるツール・技術

Python、異常検知手法、分布推定など

ソリューションに関する
お問い合わせはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ

CONTACT

ソリューションに関するお問い合わせ