放牧牛を担保とする動産担保融資におけるAIモニタリングシステム「PETER」の有効性検証を開始 ~エッジAIとLPWA技術の活用により、畜産農家の放牧牛管理と金融機関のABL管理を省力化~

2021.07.27

テクノプロ・デザイン社、東京工業大学、信州大学、電通国際情報サービス、ファームノート、ソニーグループ株式会社の共同プロジェクトチームは、東京工業大学COI(センター・オブ・イノベーション)『サイレントボイスとの共感』地球インクルーシブセンシング研究拠点のもと、鹿児島銀行の協力を得て、牛の島として知られる沖縄県竹富町黒島のさくら牧場にて、共同プロジェクトチームで開発したエッジAI技術とLPWA技術による放牧牛AIモニタリングシステム「PETER(ピーター)」の動産・債権担保融資(ABL:Asset Based Lending)への適用に関する実証実験を開始しました。
個体を遠隔からモニタリングするPETERの活用により、適切・効率的なABLの実行に繋がり、持続可能な畜産経営への貢献が期待されます。なお本実証実験は2022年3月末まで実施する予定です。
本件に関する詳細については以下のプレスリリースをご覧ください。

リリース全文