株式会社テクノプロ

エンジニアリング

モデルベース開発(MBD)

ものづくりの現場で豊富な経験を持つテクノプロのノウハウで
モデルベース開発(MBD)による設計開発プロセス効率化を実現

EV/HEV/PHEVなどの次世代車や先進運転支援システム(ADAS)など、技術的な進化が急激に進んでいる自動車開発の現場では、さまざまな技術領域が複雑に絡み合いながら大規模な開発プロジェクトを遂行する必要に迫られています。

その中で従来の設計開発手法の限界を打破するために活用が広がり、開発プロセスを飛躍的に効率化できる手段として自動車業界以外の製造領域や、医療分野などでも幅広く利用が推進されることが見込まれているのが「モデルベース開発(MBD)」です。

モデルベース開発に関する課題をテクノプロが解決

紙の仕様書を使用し、組込システムの検証を実機で行う従来の設計手法に対し、MATLAB/Simulinkなどのツールを使用して抽象度の高いモデルを作成し、仮想環境でシミュレーションするモデルベース開発は、検証工程での手戻りを減少させ、開発工数短縮と品質向上を実現する手法として注目を集めています。

しかし、モデルベース開発の導入により大幅に開発効率を向上するためには、現状の開発プロセスにおける課題を明確にし、要件や機能について詳しく検討を行う必要があります。また、ツール・専用機材の導入や社内体制構築などに関わる初期コストも考慮した適切な導入計画を立案することも不可欠です。しかし、モデルベース開発の知見を備えた人材が社内におらず、以下のようなお困りごとをお持ちのケースも少なくありません。

  • 既存の設計プロセスからの移行に際しての要件分析が難しい
  • モデルベース開発の手法に詳しい人材が不足している
  • 費用対効果が評価できない初期段階で大きな投資を行うことが難しい
  • 開発ツールを使いこなすことができず、検証環境の運用が上手くいかない

モデルベース開発を活用したプロジェクトを数多く手がけ、豊富なノウハウを持つテクノプロは、このような課題を解決するためのソリューションを提供しています。

ものづくりの現場で培ったノウハウでMBD活用を支援

テクノプロでは、モデルベース開発に関する専門知識とスキルを備えたエンジニア人材を中心とするチームを編成し、自動車・自動車部品メーカーや大手製造メーカーなどのプロジェクトでモデルベース開発手法を活用した設計開発支援サービスを幅広く提供しています。

お客さまの開発環境をふまえた導入コンサルティングからツール選定、HILS/SILS/MILS環境構築、モデリング支援、検証環境自動化、教育研修・人材育成まで、モデルベース開発に関するさまざまなニーズにお応えする各種のサービスで設計開発の効率化をサポートします。

  • 神戸、名古屋、東京、福岡の4地域に開発センターを設置
  • V&V(Verification & Validation)観点から提案
  • モデルベース関連ツールでMBSE、RCP、ACG、MILS、SILS、HILSに対応する機器を保有。複数ベンダーの連携対応も可能。

MathWorks(Simscape、Simulink、他ツール全般を保有)、dSPACE(SCALEXIO、MicroLabBox、ConfigurationDesk、AutomationDesk、ContolDesk、SYNECT、ASM、VEOS、TargrtLinkなど)、ANSYS(Twinbuilder)、EA、Vector(CANape、CANoe、Diva、CANdelastudio)など

ソリューションに関する
お問い合わせはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ

CONTACT

ソリューションに関するお問い合わせ