研究テーマや課題の難易度などに応じて様々な使い方が可能な『セカンドラボ』として、有機合成(1か所)とバイオ分野(3か所)のリサーチセンター(RC)を併設しております。
高い知識やスキルを持った専門スタッフが、お客様の技術課題を解決するための試験系を立案・構築して試験を実施する「受託型」サービスを提供しております。納品物は、通常、得られた試験データを取り纏めた報告書ですが、ご要望に応じて工程サンプルや試作品を納品することも可能です。当社の納品物の権利は全てお客様に帰属しますので、ご安心してご活用いただけます。

【バイオ・医薬系実験受託】

バイオ・医薬系実験受託の豊富なラインナップ&確かな実績、経験豊かなメンバーを以下のウェブサイトでご紹介しています。ご相談やお問合せなどはこちらのサイトよりご依頼ください。

■テクノプロ・R&D社 リサーチセンター(別ウィンドウが開きます)
https://researchcenter-technopro.com/

バイオ系RCは、神戸RC(2010年12月開設)、柏RC(2015年10月開設)、鳥取RC(2016年4月開設)の3か所を展開しており、細胞・遺伝子、タンパク質、動物実験、培養細胞試験、ペプチド、分離・分析、創薬スクリーニングなど、多様な領域の課題解決に対応しております。さらに、これらの境界領域の課題、あるいはお客様の研究ステージの移行に伴う研究領域の変化にも柔軟に対応可能です。

●細胞・遺伝子

各種細胞(動物、微生物)の遺伝子導入・改変に関する業務、および細胞・組織を用いた多様な解析を受託致します。他のバイオ分野と連携した解析も可能です。

●タンパク質

各種ホストを用いたタンパク質の発現・精製、および、生体試料等を用いたタンパク質・酵素の多様な解析を受託いたします。

●動物実験

各種薬剤のマウス、ラットを用いた動物実験による評価を受託いたします。「細胞・遺伝子」「タンパク質」「分離・分析」と連携させた解析が可能です。

●培養細胞試験

培養細胞を用いた各種細胞機能の評価を行います。「細胞・遺伝子」、「タンパク質」「創薬スクリーニング」分野で使用する多様な手法により評価することができます。被験物質の効果に着目した評価では、正常ヒト皮膚培養細胞等を用いた皮膚・美容関連の各種評価が可能です。

●ペプチド

ペプチドの合成、ペプチドの機能解析などを受託いたします。生理活性評価等は、「細胞・遺伝子」、「タンパク質」分野で使用する多様な手法により評価することが可能です。

●分離・分析

目的物質の抽出・分離、精製の各プロセスの策定および最適化検討試験を受託いたします。分離方法は各種クロマトグラフィーおよび膜分離で、分析・分取の各目的への対応が可能です。

●創薬スクリーニング

ハイスループットスクリーニング(HTS)に適応可能なスクリーニング系の設計と構築を受託いたします。「タンパク質」、「ペプチド」、「細胞・遺伝子」との連携でアッセイに使用するタンパク質、ペプチドや細胞の調製が可能です。

【受託合成】

有機化学を専門領域とするケミカル系RCとして埼玉RC(2004年4月開設)を展開しており、機能性化学品、医薬品など各分野の素材に関する技術課題の解決に対応可能です。低分子物質から高分子物質まで幅広くご対応させて頂きますが、既知物質の場合は、文献・特許の記載に準じるトレース試験や、目的に応じた合成ルートの改良検討などの試験を実施可能です。また、未知物質の場合は、合成ルートの探索およびその検証試験も実施可能です。さらに、ラボスケールからのスケールアップ検討やサンプル試作をご依頼頂くことも可能です。

  • ● 電極触媒、電解質材料(膜/バインダー)の合成
  • ● 導電性ポリマー材料の合成および評価
  • ● 機能性材料(有機無機ハイブリッド材料)の合成
  • ● 医療用向け材料のコンパウンディング化
  • ● 材料の複合化(アロイ化)
  • ● 機能性フィルム(導電性フィルム、ガス分離膜)の作製および評価
  • ● 医薬中間体、天然有機化合物および 誘導体の合成
  • ● ペプチド化合物、糖質化合物、植物由来化合物の合成
  • ● 有機色素材料、石油由来化合物の合成
  • ● 安全性試験用サンプルの合成および精製
  • ● 標識化合物中間体の合成

senter1