大学・研究機関

論文に基づいた実験、入念な条件検討が必要な実験など、データを解釈し、臨機応変に進め方を考えなくてはならない、非定型的な研究にも幅広く対応いたします。
研究員の多くが、大学、研究機関で長く研究に携わってきたことから、高度なご要望にお応えできます。
様々な専門分野の研究員が協力しますので、分野横断/異分野融合的な研究にも対応できるのが我々の強みです。

1. 実験材料が欲しい

化合物の合成

各種化合物を合成します。

化合物(既知・未知)の合成  <例1>
合成ルートの探索、改良
文献・特許情報の検証
スケールアップ

ペプチドの合成

各種ペプチドを合成します。

アセチル化、ビオチン化、リン酸化などの一般的な化学修飾ペプチド
環状ペプチド、デンドリマー等の構造が特徴的なペプチド
薬剤等の低分子化合物をコンジュゲートさせたオーダーメイドのペプチド  <例2>

タンパク質の精製

各種ホストの組換えタンパク質の発現、精製を行います。使用目的等に応じた、ホスト、タグ、精製方法などのコーディネートも承ります。また、生体試料からの単離精製も対応可能です。

組換えタンパク質の発現精製
 ●大腸菌   <例3>
 ●酵母
 ●昆虫(バキュロウイルス)  <例4>
 ●哺乳類細胞
 ●コムギ胚芽無細胞系
生体試料からの内在性タンパク質の精製  <例5>

プラスミドの構築

遺伝子の情報と目的等の概略をいただけば、プラスミドの設計から構築まで行います。論文に基づいた挑戦的な設計、構築も可能です。

強制/調節性発現プラスミド
遺伝子編集用 (CRISPR/Cas9)プラスミド
ウイルスベクタープラスミド  <例6>

細胞作製

プラスミド導入、レンチウイルス感染等で目的に応じた細胞を作製します。CRISPR/Cas9システムを用いた遺伝子編集細胞の作製も設計段階から対応可能です。

遺伝子安定発現細胞
遺伝子ノックダウン細胞   <例7>
遺伝子編集細胞 (CRISPR/Cas9)

2. 解析を行いたい

タンパク質の性状解析

精製タンパク質を試料として、熱安定性、中長期の保存安定性、リガンドとの相互作用解析等を行います。酵素の活性測定系構築、X線結晶構造解析に向けた結晶化条件の探索も承ります。

熱安定性解析(DSF、DSC)  <例8>
タンパク質間相互作用解析(SPR、ITC)
酵素活性測定系の構築
結晶化条件の探索

細胞を用いた解析

細胞 (細胞株、初代培養細胞等) を用いた各種アッセイを計画、実施します。多様な細胞処理、解析が可能ですので、ご要望をお気軽にお知らせください。

増殖/細胞死  <例9>
遺伝子発現 (mRNA、タンパク質)
リン酸化
分泌/代謝

動物を用いた解析

マウス、ラットの行動、遺伝子発現解析をベースにした薬効評価を行います。

行動解析 (オープンフィールド、強制水泳、モリス水迷路試験など)
薬効評価解析 (遺伝子発現、イメージング解析など)   <例10>

3. 調査/コンサルティングをしてほしい

調査/コンサルティングをしてほしい

研究の過程で生じる様々な調査ニーズにお応えします。コンサルティング業務にも対応しますので、お気軽にご相談ください。

先行技術調査 (論文調査)   <例11>
出願動向調査や権利範囲調査   <例12>
コンサルティング業務

4. 色々なこと、複雑なことをやりたい

色々なこと、複雑なことをやりたい

材料の調製を行ったうえで、それを用いたアッセイ系を構築し、最終的に化合物の評価/スクリーニングを行うなど、最終目的までの各種実験をトータルでサポートします。
分野横断的な研究内容にも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

複合体タンパク質の発現精製   <例13>
遺伝子編集細胞の作製と細胞の機能評価   <例14>
タンパク質材料の調製とそれを用いたHTSアッセイ系の構築   <例15>
抗体に対するコンジュゲーション条件の検討   <例16>